ここから本文です

なぜ松田聖子は「アイドル・松田聖子」になりえたのか

7/19(金) 14:51配信

webマガジン mi-mollet

前編後編に分けたことで、またまたハードルが上がってしまったのですが、私なりの「聖子ちゃん論」を続けたいと思います。

さて、前編で聖子ちゃんのセルフプロデュース力のすごさについて語りましたが、セルフプロデュースしている、ということは、「松田聖子」という仮面をつけてオンを演じているということ。

このオン・オフがあるからこそ、「聖子ちゃんはトイレに行かない!」などという幻想さえもファンに抱かせることができたのですよね。

なお、同時代のアイドル二大巨頭として、聖子ちゃんと並んでキョンキョンこと小泉今日子さんの名前が挙がることがありますが、聖子ちゃんとキョンキョンは、全く違った存在だと思っています。

キョンキョンは「いまどきのアイドル」像を生み出した立役者。

私の印象としては、キョンキョンはセルフプロデュース力というより、むしろ周りのスタッフに恵まれて、彼女の魅力がどんどん引き出されていったように感じています。スタイリストさんやヘアメイクさんが投げるボールにどれも面白がって乗っかり、それに対してみんなの想像以上のものを打ち返かして行くことで、スタッフみんなで「アイドル・小泉今日子」を作り出して行ったというイメージ。

学校内の立ち位置でいうと、キョンキョンはいわゆるヤンキーやイケてる男子と付き合っている、垢抜けたかわい子ちゃん。学校サボって、男の子のバイクの後ろに乗っていそう(笑)。もちろん手は届かないんだけど、どこかリアルさのある美少女。

対して、聖子ちゃんはいつもニコニコしてて可愛いけど、男子が話しかけづらいオーラがあって、影でこっそりファンクラブがあるような存在。なんだか寝るときも髪の毛にリボン結んでネグリジェ着てそうだし、休みの日何をしてるのかわからないけど、私生活についてのくだらない質問はさせないミステリアスなオーラが。……ええ、完全にファンの欲目も入ってます(笑)。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 13:15
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事