ここから本文です

バーガーキングのCMから考える AI広告の時代は来るか

7/19(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

<2019年7月27日号> 「その鶏はサンドイッチになるために道路を渡った」。いったい何のことだ? これは米国のバーガーキングが2018年に実験的に制作したCMのナレーションだ。「このCMはパターン認識能力を持ったディープラーニング(深層学習)アルゴリズムに、いくつものCMとリポートを学習させて制作された。AI(人工知能)はさまざまな業界で実用化されている。広告制作もその例外ではない」。プレスリリースはまことしやかにそう語る。 本文:1,374文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

井上 大輔 :ヤフー MS統括本部 マーケティング本部長

最終更新:7/19(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る