ここから本文です

【J1展望】神戸×横浜|超強力攻撃陣が鍵を握る。点の取り合いになる可能性も?

7/19(金) 19:09配信

SOCCER DIGEST Web

神戸――重要なのは追加点を取る時間帯

J1リーグ20節
ヴィッセル神戸―横浜F・マリノス
7月20日(土)/18:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
今季成績(19試合終了時):15位 勝点21 6勝3分10敗 30得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●前節の湘南戦を1-3で落とし、フィンク体制で初の連敗を喫する。
●三田が7月17日、FC東京に完全移籍。
●7月11日には、三原が柏にレンタル移籍。
 
【担当記者の視点】
 最大の焦点は、いかに失点を防ぐかだ。リーグワースト2位の34失点を喫している神戸にとって、仲川やE・ジュニオらを擁す横浜の攻撃陣を無失点に抑えるのは、至難の業。さらに元神戸のティーラトンや遠藤も調子を上げており、左右のサイドアタックは、大きな脅威となる。

【PHOTO】2019シーズンのJリーグを鮮やかに彩るチアリーダーたち

 もっとも得点ランクトップタイ(10点)のビジャと、高さと強さを備えるウェリントンという2トップも相手にとっては嫌なはずで、点の取り合いになる可能性もある。
 
 先制点を奪えたとしても、重要なのは追加点を取る時間帯。前半のうちに2点のリードを奪い、後半は余裕を持って試合を運ぶ――そんなシナリオが理想だ。

横浜――遠藤がノッてくれば…

J1リーグ20節
ヴィッセル神戸―横浜F・マリノス
7月20日(土)/18:00/ノエビアスタジアム神戸
 
横浜F・マリノス
今季成績(19節終了時):2位 勝点36 11勝3分5敗 33得点・25失点
 
【最新チーム事情】
●今節からMF泉澤、DF伊藤の両選手が登録可能となる。
●現在2連勝中。前節と同じ11人が先発に名を連ねる見込み。
【担当記者の視点】
 前節は浦和に3-1の勝利も、ふたつのゴール(仲川の2点目、E・ジュニオのPKでの3点目)は微妙な判定によるもので、横浜にとってもどこかスッキリしない勝点3でもあった。
 
 ただ、遠藤の1点目は“正真正銘”のゴール。待望の今季初得点を決めた東京五輪世代の期待のアタッカーがこれでノッてくれば、自慢の攻撃力もさらにパワーアップするはずだ。
 
 敵地での戦いとなるが、これまで通りにアグレッシブな姿勢で相手を押し込み、今季二度目の3連勝を飾りたい。

最終更新:7/19(金) 19:09
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事