ここから本文です

ソニーは「Xperia 1」で“未開の感動画質”に踏み込んだ。「もう後には引けない」レベルのこだわりとは?

7/19(金) 7:00配信

PHILE WEB

ソニーの最新スマートフォン「Xperia 1」が、発売以来好調のようだ。

Xperia 1は世界で初めてアスペクト比21対9の4K/HDR有機ELディスプレイを採用したスマホであり、ソニーモバイルコミュニケーションズとソニーの業務用映像機器の開発者がチームを組んで、「クリエイターの意図」を正確に再現できる映像を獲得したところが注目に値する。今回はXperiaシリーズの新しい高画質の基準が誕生した背景をキーパーソンに訊ねた。

インタビューに答えてくれたのはソニーモバイルコミュニケーションズで、新製品のXperia 1をはじめとするシリーズ上位機種の高画質ディスプレイを設計・開発してきた松原直樹氏と、4Kプロジェクターなど、ソニーのデジタルシネマ上映システムを中心とした各種高画質映像ソリューションの開発に深く携わるエキスパートであるソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの岡野正氏だ。

■Xperia 1の画質探求における先進性を際立たせる「クリエイターモード」

Xperia 1のディスプレイには注目すべき3つのポイントがある。ひとつが先ほども触れた4K/HDR対応有機ELディスプレイを世界で初めて搭載したことだ。21対9のアスペクト比としたこともスマホとして初のチャレンジになる。

もうひとつはソニーのテレビ “ブラビア” シリーズの開発により培った高画質化技術「X1 for mobile」だ。SDR映像をHDR相当の画質にエンハンスして表示する「HDRリマスター」の技術をベースにしている。従来は1画面単位で行ってきた映像の色調とコントラストの調整を、画面内を複数エリアに分割して処理をかけることによって映像のリアリティを高める新しい試みを現実のものにした。

そして3つめのポイントが、これもやはりX1 for mobileと深く関わっている新設の映像モードである「クリエイターモード」だ。4K/HDR対応の有機ELディスプレイの実力をフルに引き出すために、映像制作に関わるクリエイターの意図を忠実に再現する画づくりを徹底してきた。今回のインタビューではクリエイターモードが開発された経緯を中心に、松原氏と岡野氏に振り返ってもらった。

■ソニー厚木チームとのコラボレーションはこうして始まった

国内で展開されてきたXperiaシリーズの上位機種は、初めて4K/HDRディスプレイを搭載した「Xperia XZ Premium」(2017年発売)の頃からソニーのブラビアの開発チームと連携しながら、またソニー・ピクチャーズ エンタテインメントにおいて映像コンテンツの制作に携わるクリエイターの見解を吸い上げつつ、画づくりの印象をブラビアシリーズに近付けてきた。さらにXperia 1では初めてソニーのプロフェッショナル向け映像機器の開発チームと連携した。

コラボレーションが生まれたきっかけを松原氏と岡野氏が次のように語っている。

「昨年夏に当社の副社長として槙 公雄が就任した際、槙は私ともう1名ソニーモバイルのエンジニアを引き連れて、当時都内で開催されたスポーツイベントの8Kパブリックビューイングに足を運びました。その場で岡野をはじめ、神奈川県の厚木市に拠点を構えるソニーのプロフェッショナル向け業務用機器の担当に会うことができて、有機ELディスプレイを搭載するXperia XZ3のプロトタイプの映像を視聴してもらいました」(松原氏)

「ブラビアの画面をそのまま小さくした、お手本のような画質でした。ただ、私は当時、槙からクリエイターが本当に見せたい映像をXperiaで再現したいという意図を聞いていたので、『ならばこのままでは不十分』であるとお伝えしました。そこからXperia次世代機の画づくりを一緒に始めました」(岡野氏)

当時は将来の「Xperia 1」に4K/HDR対応有機ELディスプレイが載ることと、アスペクト比を21対9とすることだけが決まっている中で、新たに「クリエイターの意図を再現する映像」がもう一つの目標として加わった。

■Xperiaとして未開の感動画質に踏み込んだ

Xperia 1に載せるディスプレイの試作は、ソニーがプロフェッショナル向けの製品として展開する業務用リファレンスモニター「BVMシリーズ」の映像をベンチマークとして画質の追い込みが始まった。

松原氏はソニーモバイルのエンジニアが働く現場にソニーの30型4K有機ELマスターモニター「BVM-X300」を持ち込んで、厚木のプロフェッショナルチームがふだん画質評価を行う環境を模して部屋の明るさも揃えた。この場所で松原氏は半年以上、Xperia 1の画づくりに邁進してきたそうだ。

画づくりの第1段階では、新しいXperiaをBVM-X300の映像に合わせ込むことが課題とされた。ところが元のデバイスが異なるため、実は単純に画づくりを合わせることすら困難だったと松原氏が振り返る。

「スマートフォンは屋外も含めて様々な場所で使うデバイスなので、画面の明るさが変わっても色彩のバランスを崩さないことを重視したパネル設計になっています。一方で業務用マスターモニターは、暗い室内で使うことが一般的なので、その明るさは100カンデラ前後になります。最初はXperia 1の試作も同じ輝度環境で色合わせを行いました。その後は徐々に周辺環境の明るさを上げながらチューニングを繰り返してきました」(松原氏)

BVMシリーズと見た目の印象を同じくするためには、Xperiaのディスプレイに特有の “味付け” が必要になることはわかっていた。そのうえでXperia 1の画質を、見た目の印象が揃うところに向けて、変わる条件下で繰り返し合わせ込むという作業手法が採られた。岡野氏は「画づくりの基本となるベースを丁寧に作り込めば、使用環境が変わっても一貫した映像が届けられます。そのためには測定器で半ば自動的に調整できる範囲を超えて、ディテールに踏み込んだチューニングが求められる」と話している。

従来のXperiaシリーズが搭載する映像エンジンも、膨大な範囲に渡る調整可能なパラメータを備えていた。だが、これまでは測定器を使って計測できる範疇で土台部分の画質調整を行うところまでに止まっていた。

クリエイターモードの作り込みを始めるにあたり、松原氏をはじめ、ソニーモバイルのディスプレイ担当のエンジニアは業務用機器のエンジニアからノウハウを受け継ぎながら、これまで手付かずだった画質調整のパラメータを、視覚的感性を頼りにマニュアルで細かく追い込んでいく領域に足を踏み入れたのだ。

■BVMの画づくりの知見を得ながら磨き上げられた画質

ソニーの業務用機器の開発チームは、日ごろから画質評価に使うリファレンスの映像コンテンツを松原氏に提供するとともに、その映像を見ながら注目すべき評価のポイントと具体的な画づくりのノウハウを共有してきた。

「最初はカラーバーによる調整から始めます。この段階ではパラメータの合わせ込みなのでお手本通りに進められるのですが、測定器のレベルを超えて、人の目で見た印象にバランスを整える段階で一気にハードルが高くなります」(岡野氏)

岡野氏によると、画質のチューニングにおいて最も難しいポイントのひとつが「人物の肌色」なのだという。人と人が会話を交わすときには、通常は相手の顔色をうかがうものだ。そのため人間は「肌色の変化」に対してとても敏感だと言われている。岡野氏は「そのため測定器で計った範囲で正確な色再現ができていたとしても、わずかな色の不自然さに人の目は反応して違和感を持ってしまう」のだと説いている。

松原氏も、とりわけ肌色を調整する作業が困難を極めたと述べている。

「最初は欧米人を被写体にしたクリップをベンチマークとして、しっかりと肌色を合わせこんだつもりでも、次に日本人のカメラマンが日本人の女性を撮影した映像を表示すると、色彩や光の当たり方による質感の現れ方がまったく異なっていて、最初のクリップと比べて違和感があるように感じられてしまいます。修正前後の映像を見比べながら、両方がマッチするパラメータを探っていく、気の遠くなるような作業を繰り返してきました」(松原氏)

やがて2018年の年末頃に、松原氏は「何度繰り返しても色を合わせられない壁にぶつかった」という。そこで岡野氏から紹介を受けて、2019年1月にソニーが発売した31型の液晶HDR対応マスターモニター「BVM-HX310」の画質設計担当者を松原氏は訪ねた。

松原氏は、ここで共有できた画づくりのノウハウに大きく影響を受けたとしている。試作してきた画づくりを根本から変えるほどメスを入れて、ようやく納得できる画質に辿り着いた。時は2019年1月。既にXperia 1の世界初披露の舞台となった「MWC19 Barcelona」の開催が間近に迫る頃だった。

Xperia 1のディスプレイのチューニングはMWCでのお披露目後も、松原氏をはじめとするソニーモバイルのエンジニアが中心になってひたむきに進められてきた。途中段階ではソニーモバイルの岸田光哉社長、槙副社長、さらにはソニーの吉田憲一郎社長をはじめとするトップマネジメントの要人も加わるかたちで、BVM-X300とXperia 1の試作機による画質比較のプレゼンテーションも幾度となく繰り返された。

その都度、厳しいフィードバックを得ながらXperia 1の画質は鍛え上げられてきたのだ。筆者もこのインタビューの機会に松原氏と久しぶりにお会いしたが、数々のプレッシャーを乗り越えてXperia 1の発売を無事に迎えた松原氏の表情はMWCの頃よりもだいぶリラックスしているように見えた。

完成したXperia 1のクリエイターモードの画質については松原氏も大いに満足しているという。映像制作関係者からもポジティブな反響が寄せられているそうだ。そして岡野氏もまた、厚木のプロフェッショナル機器のチームを代表してXperia 1の画質に太鼓判を押している。

「Xperia 1のクリエイターモードは、映像製作者の意図を正確に反映できていると思います。だからと言って、これがマスターモニターの代わりになるということをソニーが提案したいわけではありません。従来は映像製作の現場で1台のリファレンスモニターを複数の関係者でのぞき込みながら仕上がりをプレビューしていた環境に対して、複数名がXperia 1を使って手元で確認できる “マスモニ+α” という新しいワークスタイルがもたらす可能性に期待を感じているのです」(岡野氏)

■クリエイターの意図はどのように反映されているのか

Xperia 1の画質設定メニューには「クリエイターモード」のほかにも、ブラビアの映像を忠実に再現することをターゲットにしながら開発された「スタンダードモード」がある。

クールでメリハリの効いた寒色系のスタンダードモードに対して、クリエイターモードはわずかに暖色側に寄ったナチュラルな色合いを特徴としている。クリエイターモードの画質の印象については ホームシアターCHANNELで詳しくレポートしているので参考になれば幸いだ。

クリエイターモードにセットしてから、さらに「ホワイトバランス」のメニューを開くと設定値が “中間色” を指していることがわかる。この中間色とは、クリエイターが長年に渡って画づくりの基準としてきたCRT(ブラウン管)のマスターモニターのホワイトバランスを基準にした「Judd修正等色関数」を用いて、CRTと有機ELディスプレイのBVM-X300とのカラーマッチングを意識して作られたオフセット値に準じたプリセットになのだという。

画質設定をクリエイターモードにしてからホワイトバランスの値を個別にカスタマイズすることもできるので、やはり色温度の国際基準である6500K(D65)に合わせたいという方は、手もとで測定した値を保存して使うこともできるようになっている。

テレビの映像モードのように複数のプリセットを設けず、あえてクリエイターモードとスタンダードモードの2つに絞った理由については、松原氏が「私たちが提供したいと考えている、クリエイターの意図を忠実に再現できるXperiaという立ち位置をより明確に伝えることを優先したから」だという一本筋の通った答えを返してくれた。

■Xperia 1は5G時代に欠かせない高画質の新基準をつくった

Xperia 1はクリエイターモードにセットした場合に限らず、基本的な画づくりのレベルがとても高いということは、おそらく多くのユーザーが見てすぐにわかるはずだ。でも一方で、クリエイターの意図を忠実に反映した画質であるかどうかについて、ユーザーは個々のクリエイターに直接聞くことができない。何を基準にその価値を判断すれば良いのだろうか。岡野氏がとてもわかりやすい基準を示してくれた。

「例えば設備が整っている映画館で観た映像はよい評価基準になると思います。スクリーンに映される画はマスターモニターでカラーグレーディングを行った画そのものであるはずなので、その映像の記憶をXperia 1のクリエイターモードと比べてみると価値が実感できるのではないでしょうか」(岡野氏)

ソニーグループの知恵と経験を寄せ合ったXperia 1の画づくりは成功を収めたと言って良いだろう。松原氏は「今回の開発から得たノウハウが、今後のXperiaの画質設計のベースになっていくだろう」と考えを述べている。

そして岡野氏をはじめ、ソニーの業務用映像機器の開発チームも「やる気」である。

「一度ここまで突き詰めてしまったら、もう後には引けないですよね(笑)。ソニーが持てる強みは、まさしく今回の私たちの取り組みに代表されるような『好きを極めるものづくり』に対して愚直に挑戦できることであると自負しています。昨今はスマートフォンのテクノロジーが成熟しつつあるとも言われていますが、少なくともディスプレイの画質をより良くするところでは、まだやるべきことが多く残されていると思っています」(岡野氏)

感性の領域にまで踏み込みながらスマホの「画質」「音質」を磨き上げてきたXperiaの「クオリティに対するこだわり」は、おそらく他のメーカーによる追随を許さない所にもう到達している。殊にその感動を呼び覚ます高画質は、今後スマホのディスプレイがどのような形・サイズに変わったとしても、5Gの時代に主流を迎えるであろうモバイル向け高品位エンターテインメントに欠かせない価値としてさらに強い脚光を浴びることになるだろう。

山本 敦

最終更新:7/23(火) 15:30
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事