ここから本文です

VPI、スパイク1点で支持する独自構造トーンアーム搭載のレコードプレーヤー「Prime Scout」

7/19(金) 12:53配信

PHILE WEB

エソテリックは、同社が取り扱う米VPI Industriesのレコードプレーヤー新製品「Prime Scout」を、8月1日より発売する。希望小売価格は398,000円(税抜)。

2001年の発売より世界中で累計12のオーディオアワードを受賞してきたという「Scoutシリーズ」の新モデル。重さ4.76kgのアルミ削り出しプラッター、MDF素材とスチールプレートを積層したリジット構造のキャビネットを採用するベルトドライブ型ターンテーブル。重量のある構造で振動を抑制し、300rpmのACシンクロナス・モーターで安定した回転を実現するとしている。

理想のベアリング構造を追求したブランド独自設計のトーンアーム「JMW-9」を同梱。鋭利なスパイク1点で支持するユニ・ピボット・ベアリング方式によりベアリング・フリクション(摩擦)を事実上ゼロとし、アームの感度、コンプライアンスを極限まで高めたとしている。また、トーンアームと本体は、ピボットの上にアームを載せ、LEMOコネクターを接続するだけの設計で、カートリッジ交換も容易に行える。

その他、レコードをターンテーブルに吸着させるねじ込み式クランプや、キャビネットの高さ調節可能なアイソレーションフットの素材にはDelrinを採用。回転速度は33.3/45RPMから選択できる。

シャーシの外形寸法は482W×221H×385Dmm、質量約14.5kg。カートリッジは別売り。

編集部:成藤 正宣

最終更新:7/19(金) 12:53
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事