ここから本文です

Anker、明るさを向上させたAndroid搭載モバイルプロジェクター「Nebula Mars II」

7/19(金) 16:16配信

PHILE WEB

アンカー・ジャパンは、Android7.1搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Mars II」を7月19日から発売する。価格は69,800円(税込)。Amazon.co.jpをはじめ、公式ストアや一部家電量販店において販売される。

【画像】使用イメージ

「昼間でも鮮明な映像を屋外で楽しみたい」という声にこたえ、300ANSIルーメンの明るさに向上させたという新モデル。レッド・ドット・デザイン賞を受賞した、革新的なデザインを採用したとアピールされている。

映像は最大150インチ、解像度1,280×720を投影することができ、投影距離3.08mで100インチ、2.46mで80インチ、1.73mで60インチ、1.15mで40インチの映像を投影可能。天井投影にも対応する。1秒で動作するというオートフォーカス機能と±40度のキーストーン補正機能を搭載するため、映像の傾きや焦点を自動調整可能。

Android 7.1を搭載し、YoutubeやAmazon Prime Video、Netflixなどコンテンツ本体のみで再生できる。ネットワーク接続はWi-Fi(11a/b/g/n)で行えるほか、映像入力としてHDMI1.4も備える。Bluetooth4.0とUSB Type-Aも搭載する。

10Wのスピーカーを2つ搭載することで、ステレオサウンドの再生にも対応。Bluetoothスピーカーモードも搭載する。12,500mAhのバッテリーを内蔵し、動画では最大約4時間、音楽では最大約30時間の連続再生が行える。

外形寸法は約122×137×178mmで、質量は約1,483g。

編集部:平山洸太

最終更新:7/19(金) 16:16
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事