ここから本文です

ORB、オーディオセレクター5モデルを音質向上目指し"Nova"にリファイン

7/19(金) 17:00配信

PHILE WEB

ORBは、スピーカー/アンプセレクター2モデルとラインセレクター3モデルを8月2日に発売する。

現行品を、更なる音質向上を目指し"Nova"(新星)としてリファインした。ラインナップと詳細は以下のとおり。

■スピーカー/アンプセレクター
MC-SW Nova ¥54,800(税抜)3入力/3出力・1入力/6出力タイプ
MC-S0 Nova ¥33,000(税抜)1入力/3出力・3入力/1出力タイプ

■ラインセレクター
LS-X0R Nova ¥34,800(税抜)XLRコネクタ バランスケーブル 入力3/出力1タイプ
LS-X0 Nova ¥34,800(税抜)XLRコネクタ バランスケーブル 入力1/出力3タイプ
LS-R0 Nova ¥31,000(税抜)RCAケーブル 1入力/3出力・3入力/1出力タイプ

スピーカー/アンプセレクターはそれぞれ「MC-SW1」「MC-S0」の、ラインセレクターは「LS-X0Ri」「LS-X0i」「LS-R0i」のリファインモデル。現行品は新製品の発売に伴いいずれも終売となる。

共通する変更点は、まず専用設計されたφ35mmのアルミ削り出し製ツマミを採用した点。上質な質感と良質な操作感を生み出したという。そして、バインディングポストのLRを左右対称に配置。内部配線のLRも左右に分けたL/Rセパレート構造とすることで、相互干渉の低減を図った。さらにコンパクトサイズながら低重心構造とし、太いケーブルを接続しても動きにくく使いやすいとのことだ。

スピーカー/アンプセレクターは、ターミナルは金メッキ仕様のORBオリジナルマルチバインディングポスト。ケーブル直接接続(最大8sq)、Yラグ端子(6mm)接続、バナナプラグ接続に対応している。

ラインセレクターは、金メッキ仕様のXLRまたはRCA端子を備える。「LS-X0R」「LS-X0」はノンショーティング切替え方式およびHOT、COLD同時切替え方式を採用。「LS-R0」はノンショーティング切替え方式採用で、アース端子を備えている。

編集部:小澤麻実

最終更新:7/19(金) 17:00
PHILE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事