ここから本文です

“国宝級”イケメン揃い!「男劇団 青山表参道X」の第2回公演が開幕

7/19(金) 6:00配信

ザテレビジョン

――男劇団 青山表参道Xの第2回公演「ENDLESS REPEATERS -エンドレス リピーターズ-」。劇団のメンバーが3チーム(ルビー、サファイア、エメラルド)に分かれ、日替わりのトリプルキャストで演じる完全オリジナル劇ですね。

【写真を見る】塩野瑛久、長田翔恩、飯島寛騎、西銘駿の“かこかわセクシー”なショットを公開!

飯島寛騎「公演期間は約1週間あるんですけど、トリプルキャストに加え、毎回1人ずつゲスト出演者がいるんです。だから1公演1公演、本当に違う舞台になるなって。ストーリーは同じでも、キャストが違えばそれぞれの個性や出すものも違うから、そういう意味では、何度見ていただいても新鮮な印象を受けるんじゃないかと思います。」

塩野瑛久「ストーリーは、ひと言で言うと“タイムリープ”もの。4人の強盗集団が巨大金庫に眠る時価20億円の宝石を狙おうとしたそのとき、壮絶な死を迎えてしまうんです。しかし、彼らは無機質な会議室で目覚め、「会議を始めてください」という声で5分間のカウントダウンがスタート。タイマーがゼロになるとまた彼らは巨大金庫の前に立っていて……というのを繰り返すんです。」

長田翔恩「それだけ聞くとちょっとシリアスな感じもするんですが、基本はコメディー。台本を読ませていただいて、お笑いの要素もギュッと詰まった作品になりそうだなと思いました。あと、同じ役を各チームの3人が演じるということで、各々のテンポやスピード、他のメンバーとの掛け合いもすごい試されるというか。さっき飯島くんも言ったように、同じセリフでも言う人が違えば、ガラッと変わって聞こえるシーンもあると思います。」

――西銘さんと塩野さんは同じチーム「サファイア」ですね。見どころはいかがでしょう?

西銘駿「塩野さんは普段、クールな印象があって。今までのいろんな出演作品も見せていただいてますけど、コメディーは見たことがないので、どうなるんだろうっていうのが個人的に楽しみです。(塩野)先輩のかわいい笑顔が見たいです(笑)。」

塩野「あはははは。でも今回も役が役だからなぁ。」

西銘「またクールな感じですよね?」

塩野「うん。今までも役でメガネをかけることは多かったけど、今回もそう。そろそろメガネの広告とかいただけないかなって思ってる(笑)。」

西銘「あと、サファイアの注目は松本健太くん。彼はお芝居が今回初めてで、僕らも予想がつかないから、どう転がるのかなって。チーム「サファイア」が持っているのは宝石か、それとも爆弾か……。」

塩野「オレは今のところ爆弾だと思ってるよ(笑)。でも、磨けばダイヤモンドになる爆弾。何を考えてるか分からないときがあったり、いい意味で謎めいたところが魅力的なキャラクターだと思うから、すごく期待してる。」

西銘「僕らがどう料理するかにもかかっていますよね。いい武器を持ってる可能性は大!ってことで。」

――飯島さんはチーム「ルビー」、長田さんはチーム「エメラルド」ですね。

飯島「僕は今回、経験豊富な先輩方と一緒にやらせていただくので、安心感はすごいあります。どっしりしてて、チーム「ファミリー」みたいな(笑)。だからこそ自分はいい意味で暴れられるんじゃないかっていうのもあります。もちろん回収もしますけど、何かアドリブを入れて、皆さんがそれにどうリアクションしてくださるか……というのも楽しみです。」

長田「僕は今回、チームの中で自分のキャラをどう出すかだなっていうのを考えてます。」

塩野「翔恩は前回の旗揚げ公演で、ハーフならではキャラみたいなものを出してたよね。この外見で大阪弁がしゃべられるっていうギャップとか。そういう意味では期待しかないし、お芝居の勘もいいから、オレは翔恩の演技が楽しみ。」

長田「ありがとうございます。チーム「エメラルド」のみんなと協力して頑張ります!」

――ところで、男劇団 青山表参道Xがスタートして早2年が経過しました。結成当初と比べてどんな変化を感じていますか?

飯島「僕、結成した当初はほとんどの方と面識がなくて、人間観察から始めたんですよ。でもこの2年でお仕事をご一緒する機会が増えて、だいぶ距離は近くなったなって。」

西銘「僕もいろんな人と仲良くなって、たくさん友達ができました!!」

塩野「ノリ、軽っ!(笑)」

西銘「あはははは。でも本当にいつも楽しいです。」

塩野「それが一番だよね。オレも個々に食事に行かせてもらったり、楽しくいろんな話ができてる」

長田「今日の取材もそうだけど、この第2回公演を通してもまたメンバーと会う機会が増えて、交流が増えた感じはありますよね。」

――では4人の劇団内ぶっちゃけトークも聞かせてもらっていいですか?

西銘「え、ぶっちゃけトークですか!?」

塩野「暴露話ってことでいいんですよね?」

飯島「……なんかあります?」

塩野「オレ、あるよ。駿が、オレが買ってあげたスマホケースを1回も付けてるところを見たことがない。」

西銘「(立ち上がって)いやいやいや! 付けてますって!」

塩野「ま、お前はそういうやつだよなー(笑)。」

長田「シュンシュン(西銘)、反論あるならどうぞ?」

西銘「僕、スマホケースを日替わりで交換してて。塩野くんにもらったケースはちょっとサイズが大きくて、ズボンのポケットに入らないんですよ。だからそういうときはかさばらないやつに変えてて、塩野くんが見たのがたまたまその日だったんです!」

塩野「必死に言い訳してない?」

西銘「信じてくださいよー(笑)。」

長田「じゃあ僕はシュンシュンに関して言いますね。ちょっと褒める話にもなっちゃうんですけど、彼はトークスキルがすごい。以前、一緒に「LINE LIVE」をやったとき、番組をちゃんと進行しつつ、アドリブのトークもすごい上手だったんです。」

西銘「おー、うれしい! 僕、台本とかでしっかり固められないほうが自由にしゃべれるんです(笑)。」

塩野「翔恩は、今はヒゲがないけど、ヒゲを生やすとめちゃめちゃダンディー。劇団メンバーの中は断然ヒゲ支持派が多い。」

長田「塩野さんは僕のヒゲを劇団で1番愛してくれてますよね。」

飯島「ホント、ハリウッド俳優みたいになるもんなー。」

長田「+10歳くらいに見えますけどね(笑)。」

西銘「塩野くんは、稽古場にめっちゃオシャレな私服で来る。みんなはラフなTシャツとかだけど、塩野くんだけ“銀座行くの?”みたいな。」

塩野「そんなんで来ないわ!」

西銘「いやいや、ファストファッションのTシャツにジャージのワイドパンツとかでも、塩野くんはカッコいいんですよー。」

塩野「そんな持ち上げないで(笑)。」

長田「洋服つながりだと、飯島くんはいつもサンダルを履いてる。夏はもちろん、3月とかでも。だから僕のイメージは、飯島くん=サンダル。」

飯島「確かにスポーツブランドのサンダルは結構持ってるかな。普段から、楽なTシャツにパンツ、あとはサンダル履いて交通系ICカード持って出るだけ。塩野くんみたいにオシャレはしないんで……。」

塩野「オレが毎日カッコつけてるみたいなキャラはやめてー!(笑)」

(ザテレビジョン・取材・文=川倉由起子)

最終更新:7/19(金) 16:32
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事