ここから本文です

小泉孝太郎「ゼロ係」シーズン4は「パワーアップと原点回帰を考え、完成させたい」

7/19(金) 5:00配信

ザテレビジョン

7月19日(金)より、金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ東京系ほか※初回は夜8:00-9:48)が放送される。

【写真を見る】冬彦(小泉孝太郎)はKYな行動で「ゼロ係」メンバーを振り回す

空気が読めないキャリア警視・冬彦(小泉孝太郎)と、勝ち気な現場のたたきあげ刑事・寅三(松下由樹)の“迷コンビ”が復活。厄介払いされたメンバーが集まる「ゼロ係」が、冬彦に振り回されてさまざまな事件に巻き込まれていく姿を描く。

今回、主演の小泉がチームワークばっちりな「ゼロ係」の現場の様子などを語ってくれた。

■ 「ゼロ係」メンバーと会うと不安はゼロに

――シーズン4のお話を聞いた時の印象は?

どの作品においても、毎回どうやったら完全燃焼できるのかということを考えて演じています。シーズン3の時も「もう次はない」と思ってやり切りました。シーズン4ができる驚きよりも、喜びと重みを感じた気がします。

過去3回演じて「これがゼロ係なんだ」とはっきり見えた形があるので、またあのクオリティーで皆さんに楽しんでもらえるよう演じられるかと、少し不安を感じました。どの役もそうですが、冬彦は特に子供のような独特な役なので、不安がよぎったんです。

ですが、出演者みんなで顔を合わせると、その不安はゼロになりました。「ゼロ係」は、例えるならサッカー日本代表の代表招集のような感じ。各々が海外のクラブで戦っていて、代表戦の時にだけ集まって試合をするような。みんなと毎日一緒にプレーはしていないけれど、「こうパスをしたら、こういうふうに決めてくれる」と分かり、練習なしでせりふさえ覚えていれば、ぶっつけ本番でもいけるような絶対的な安心感、信頼感はあります。

――「ゼロ係」は、テンポのいい会話劇も魅力の一つですよね。

みんながそれぞれの役割を分かっていて、自由自在に動けてしまう心地よさは、「ゼロ係」のチームは群を抜いているような気がします。きっと視聴者の方が台本を見たら、「ここを足して、ここを削ったんだ」と映像との違いにびっくりすると思います。

でも、馴れ合いや身内だけの笑いではないのは、出演者全員が求められている空気感を共有しているからです。一人でも違う方向に走り出したらあの空気感は生まれないので、すごいなと感じます。

■ 視聴者の声が励みに

――冬彦というキャラクターは、どう捉えていますか?

刑事ドラマはどうしても残酷なシーンが出てきますが、その中でも冬彦の純粋さやひたむきさにハッとさせられます。彼は、子供のようなキラキラとした心、濁りのない心を持っています。「僕の生き方はこうだ、僕はこれがしたい、これが好きなんだ」と自分らしい生き方をしていて、すてきだなと感じます。

寅三先輩にはひどいことを言っていますが、この二人はくすくす笑って見ていられる関係です。それ以外だと、冬彦だったらこっちの言葉をチョイスするだろうなと意識して、視聴者が「あれ?」と思うようなせりふは言わないようにしています。

――今作では、吉田栄作さん、斉藤由貴さんら新キャストが登場します。撮影現場でのエピソードを教えてください。

前川刑事部長(吉田)と小田島管理官(斉藤)は、「ゼロ係」と全然色合いや雰囲気が違っているので、新たな風を吹き込んでいただきました。僕と松下さん、栄作さん、斉藤さんの4ショットは全然かみ合っていないんです。二つのドラマが合わさったような違和感が、成功だなと思いました。

小田島管理官と寅三先輩の女性同士のやり取りはゾクっとしますし、前川刑事部長は温かく見守っている立場ですけどそれも怖く感じたり。今回のシリーズで冬彦の大きな敵として殺人鬼・神沼(中野裕太)も出てきて、冬彦のいつものペースではいけない流れになっていきそうですね。

――最後に見どころを教えてください。

残酷なシーンがあっても「ゼロ係」の最大の魅力って、見終わった後に引きずる感じがないこと。明るくからっとしている、夏にぴったりな刑事ドラマです。昨年いただいた視聴者の声で「『ゼロ係』は見終わったら元気になる」という意見があり、うれしかったです。「私は刑事ドラマが好きで、いろいろと見てきましたが『ゼロ係』が一番元気になります」という内容で、僕の一番の励みになりました。

「シーズン4はつまらない」と言われたら、もう次のシーズン5はないし。「やっぱりゼロ係楽しかった」で終えないといけません。シーズン4は、僕の中でパワーアップと原点回帰と両方のバランスを考えながら、「これぞゼロ係!」というのを完成させたいです。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/19(金) 5:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事