ここから本文です

ウッズが全英初日にワースト記録。「今日は必死で戦い抜いた」

7/19(金) 13:16配信

Number Web

 68年ぶりに全英オープンを迎えている北アイルランドの人々は、初めて間近に眺めるタイガー・ウッズの活躍に期待を膨らませていたに違いない。

【秘蔵写真】若き日のタイガー、今見てもカッコいい雄姿。

 今年のマスターズを制し、メジャー15勝目を挙げて大復活を遂げたウッズが、今週の全英オープンでも勝利を競い合い、クラレットジャグを掲げる姿を心待ちにしていたのではないだろうか。

 いざ、初日。ロイヤル・ポートラッシュの1番ティに立ったウッズを人々は固唾を飲んで見守っていた。

 しかし、ウッズに笑顔は皆無だった。それどころか、彼の表情には不安がありありと見て取れた。これほど不安げな顔でメジャー大会のティオフを待つウッズを見たのは初めてだった。

 厳しい展開になる――その予感は残念ながら現実になった。

見事なパーセーブを見せたが。

 セットアップに入るルーティーンさえ、不安げだった。動作の1つ1つが、何かに怯えているような、ぎこちない動きだった。

 アイアンで打った第1打は左へ飛び出し、ボールはフェスキュー群に沈んだ。

 「あっ! しまった! ダメだ!」

 思わず目を閉じ、膝を曲げながら悔しがるウッズのリアクションから、そんな声なき声が聞こえてきた。

 フェスキューの中から打ち出した第2打はグリーンに乗り切らず、バンカーに転がり込んだ。だが、バンカーからピン2.5メートルへ寄せた第3打は実に見事だった。そして、ウッズはそのパーパットをきっちり沈め、右拳を握り締めてガッツポーズを取った。

 「1番のパーは、たぶん今日最高のベスト・パーだった。とてもいいスタートだった」

 そう感じたからこそ、思わず取ったガッツポーズだったのだろう。しかし、振り返れば、それは決して好ラウンドの始まりではなかった。

自己ワーストの7オーバー、144位タイ。

 「あのとき僕は、すでに下降線を辿り始めていた」

 そう、1番の見事なパーセーブは、この日のウッズにとって最初で最後の見せ場になってしまった。2番、3番、4番はなんとかパーを重ねたが、5番でボギーを喫すると、そこから先は、ぎりぎりで保っていた堤防が決壊したかのように大荒れのゴルフになった。

 6ボギー、1ダブルボギーを叩き、奪ったバーディーはわずか1つ。全英オープン初日における自己ワーストの7オーバー、78を喫し、144位タイ。

 ボロボロのゴルフに終わったこの日のウッズは、北アイルランドの人々が待ち望んでいたウッズ像とは、かけ離れた姿だった。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 14:16
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

984号
8月8日発売

特別定価620円(税込)

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

【スペシャルインタビュー】 吉田輝星「金農旋風のど真ん中で」
【密着ドキュメント】 佐々木朗希「2つの大船渡旋風」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい