ここから本文です

「ダメな男に、惹かれやすい…」早稲田卒の才女は、母性本能溢れるイイ女だった

7/19(金) 5:20配信

東京カレンダー

東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

本連載では、東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。

鼻筋の通った高い鼻、理知的でキリッとした瞳、綺麗に巻かれたヘアスタイル。初めは近寄りがたく思えたが、ひとたび声を発すると、意外なほど親しみやすいハスキーボイスであった。

「この声、『酒やけ』じゃありませんから(笑)」

そう言って撮影現場のスタッフの空気を和ませてくれる彼女の名前は、福田朱子(ふくだ あかね)さん。

現在29歳である彼女は、アイドルグループ・SDN48を経て、現在は女優・そしてソロアーティストとして活躍している。

歌手を目指したのは、物心がつく前からだという。

「芸能界に入りたいって思ったのは、記憶にないくらい小さな頃からです。『歌って踊って演技するタレントになりたい』ってずっと思っていて。なかでも、歌がとにかく大好きなんです。父親が音楽関係の仕事をしている関係で、子供の頃から『これ歌ってみろ』って言われて歌わせてもらう機会や、音楽について専門的なことを学べる機会も多くて、その点恵まれていました」

学芸会などでは率先して前に出るタイプだったという彼女は、幼稚園から高校まで私立の系列校で過ごしたそうだ。

「通っていたのは、芸能人の子供が多く集まるような学校で。そこで生徒会長をしたり、毎日友達と楽しく過ごしてました。学園生活は充実していたんですけど、大学の進路を考えるタイミングで両親から、『大学は社会勉強のために外に出なさい。そのほうが色々な人が集まってくるから』って言われて。寂しかったけど通い慣れていた学校を離れ、早稲田の教育学部に推薦で入ることにしたんです」

早稲田在学中、友人が背中を押してくれて…

両親の思惑通り、これまで出会ったことのないタイプの同級生と出会い、キャンパスライフを謳歌していた朱子さん。

一方、心のどこかでずっと「歌手になりたい」という思いがあったという。

1/3ページ

最終更新:7/19(金) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年10月号
8月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事