ここから本文です

オールスターブレーク、もったいなくないか?【川口和久のスクリューボール】

7/20(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

もっとドラマづくりを

小園の先制弾は見事だった。彼の話はWEBのコラムでも

 広島の新人・小園海斗が、フレッシュオールスターで初回先頭打者本塁打を放った。史上3人目、高卒新人では史上初らしいね。広島では2年目だったけど1976年の高橋慶彦さん以来とか。小園、よかったな。同じショートのポジションの大先輩に続くというのは縁起がいいぞ! あれ、もう一人いたか。定岡徹久ね……。まあ、あいつは大卒だから、高卒では慶彦さん以来だ。えらいぞ、小園……としておこう。

 今年のフレッシュは、仙台の楽天生命パークで行われ、小園のほかにも日本ハムの吉田輝星、中日の根尾昂、ロッテの藤原恭大と、注目ルーキーが顔をそろえた。MVPにもなった小園は先制弾、吉田は150キロ近いストレート、藤原は俊足、根尾は……まあ、元気さかな。それぞれ持ち味を発揮して、盛り上がった。

 俺は、以前からオールスターブレークが「なんか、もったいねえな」と思っていた。後半戦に入る前に、選手が体を休めつつ、ファンサービスでオールスターをするという時期だと思うが、特にオールスターは、いろいろな意味でマンネリだよね・・・ 本文:1,492文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:7/20(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る