ここから本文です

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位はイスタンブール

7/20(土) 6:02配信

サライ.jp

今年の夏休みはどのように過ごすか、もう決められましたか? 株式会社エイチ・アイ・エスが夏休み(2019年7月13日~9月30日)の予約状況から、2019年の海外への旅行動向をまとめました。
今年のゴールデンウィークは、10連休の効果により過去最高の出国者数となり話題になりましたが、日並びの良さはこれから迎えるお盆も負けてはいません。お盆は最大9連休になることから、人気出発日上位は軒並みお盆出発がランクインしています。
2019年はどの都市が人気なのでしょうか、早速見ていきましょう。

■話題のハワイが今年もやっぱり1位

今年の海外旅行人気ランキングは下記のような結果が出てきました。

2019年も自由旅行、パッケージツアー、総合予約の全部門においてホノルルが堂々の1位となりました。ANAが5月24日より、世界最大の旅客機A380を成田-ホノルル線に就航させたことも影響し、夏季スケジュール日本発着ホノルル線の座席供給量が前年比+5.6万席 (注1)と大きく増加したことも人気を後押ししています。
(注1):ANA総合研究所「2019年度夏季スケジュール国際線航空輸送座席供給量」より

そのほか、地政学リスクや減便などが続き、去年は4位と渡航者が減少していたグアムですが、今年は前年を上回る予約があり、需要回復が見受けられます。
総合5位に入ったシンガポールは、今春公開の劇場版「名探偵コナン~紺青の拳」とタイアップした公式ツアー人気で、ランキングを押し上げました。20~30代の女性が牽引しており、現地で走らせている映画の舞台を巡る「コナンラッピングバス」は満席が続き、急遽2台目が投入されることになったそうです。

■注目株がいっぱい! 夏休み予約急上昇ランキング

続いて、前年に比べて、大きく人気を伸ばしている注目の都市を要因とともに、ご紹介します。

<1位>前年比約3倍、イスタンブール(トルコ)!

地政学リスクにより観光需要の減少していたトルコは近年回復し、昨年の伸び率3位(前年比254%)に続き、今年は1位になりました。トルコへの外国人旅行者数は、現地通貨の下落や治安改善により2018年は過去最高の3,948万人に達しており(注2)、世界中からの観光客の来訪により、イスタンブールのホテル稼働率は欧州方面の中でも好調です。
(注2):トルコ文化観光省より

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 6:19
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事