ここから本文です

「屈辱的な敗北!」「まるで歯が欠けたような…」川崎戦で黒星を喫した新生チェルシーを英紙が辛辣批評!

7/20(土) 5:22配信

SOCCER DIGEST Web

プリシッチは川崎を「本当にタフな相手」と評した

 金曜夜に日産スタジアムで開催された「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」。川崎フロンターレとチェルシーが対戦した満員札止めの一戦は、互いに攻撃陣が決め手を欠いて0-0のまま推移し、87分に途中出場のレアンドロ・ダミアンが決勝ヘッドを決め、J1王者が凱歌を上げた。

【動画】終了間際の憲剛→ダミアンで勝負あり! 川崎vsチェルシー戦のハイライト映像はこちら!

 フランク・ランパード新政権が発足したばかりとあって、英国メディアも大々的に今回のジャパンツアーを特集している。そんななか、手厳しい論調でそのパフォーマンスを断じたのが英紙『The Sun』だ。「まるで歯が欠けたかのような戦いぶりのチェルシーが、横浜で屈辱的な0-1の敗戦を喫した」と題し、以下のようにレポートしている。

「ランパード監督はあまりにも少なかった決定機の原因を、対戦相手であるカワサキのコンディションの良さに見出すのかもしれない。彼らはシーズン真っただ中のトップギアで、チェルシーとの動きの違いは明白だった。ただ、それを差し引いてもこの日のブルーズの攻撃には迫力がなかっただろう。会場を埋め尽くした6万1012人の観衆の眼前で、エヌゴロ・カンテら数名が欠場したとはいえ、9選手を替わる替わる投入しながら、枠内に飛んだシュートは数える程度。(70分の)ケネディのシュートが唯一のビッグチャンスだった」

 チェルシー・ファンがもっとも胸を躍らせたのは、今夏に5800万ポンド(約81億2000万円)でボルシア・ドルトムントから獲得したクリスティアン・プリシッチの実戦デビューではなかったか。アメリカ代表MFは65分にピッチに投入されたが、やはりCONCACAFゴールドカップ(北中米カリブ海カップ)を戦い終えたばかりで疲労が溜まっているのか、どこか動きが重かった。

 同紙は「合流してまだ1週間という現実はあるが、それにしてもアメリカン・ドリームにとっては眠いスタートとなった」と酷評。プリシッチ自身は「今日は勝てなかったけど初めてチェルシーで試合に出られて本当に嬉しい」とポジティブに捉え、川崎に対しては「とても素晴らしい相手で、90分間僕たちをテストし続けた。本当にタフだったけど、シーズン開幕に向けて良いゲームにできたと思う」と語った。

 なお決勝点を決めたL・ダミアンについて同紙は、「彼がまだ若かった頃、トッテナム・ホットスパー入団が目前にまで迫ったことがある。チェルシーはそのストライカーに決勝点を決められたのだ」と記し、ロンドンのライバルチームを引き合いに出して皮肉った。

 チェルシーは日本でもう1試合、バルセロナとプレシーズンマッチを戦う。来週火曜日、会場は埼玉スタジアムだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/20(土) 6:11
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事