ここから本文です

浴室乾燥機は割高!? まとめ洗いは得? 夏の節電クイズ

7/20(土) 11:04配信

女性自身

「多くの人が、正しいと思ってやっている節電方法が、まったく逆効果だということも珍しくありません。エアコンや洗濯機の使用頻度が上がる夏に、正しい節電術を確かめてみてはいかがでしょうか」

そう語るのは、家電ライターの藤山哲人さんだ。

「家電は使用方法を少し工夫するだけで、年間数千円単位の省エネになります。これを複数組み合わせれば、かなりの節約ができるのです」

さらに、電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」の広報担当・中田都季子さんはこう語る。

「一度、節電方法が習慣になると、その効果は一生続きます。ぜひ、正しい知識を得て、効率のいい家電の使い方を覚えましょう」

そこでクイズを出題。除湿・冷房はフル稼働、外に出たくないからテレビを見る時間ばかり増えていく家計泣かせのこの季節に、正しい節電術◯×方式で知ろう!

■冷蔵庫

【Q1】冷蔵庫に食材をめいっぱい詰めたほうが効率的に冷える

答えは×。詰め込むより、半分ほどのほうが年間1140円安い。

「冷蔵庫は、冷気が通るように隙間を作ったほうが、効率的にモノが冷やせて、年間1140円の節約に。逆にモノを詰め込みすぎると、食材を探す手間が生じ、開けている時間や、開閉回数が増えて、さらに消費電力を増やします」(藤山さん)

無駄な開閉をなくすと、年間270円安くなる。開閉時間を10秒で収めると、20秒よりも、年間160円安くなる。

「冷気が逃げないようにビニールカーテンを付ける人もいますが、ドアポケットに冷気が循環せず、電気代が高くなることも」(藤山さん)

【Q2】冷蔵庫に、学校のプリントをたくさん貼っている

答えは×。“冷蔵庫環境”を整えると年間1170円安い。

「冷蔵庫の表面が熱くなるのは、庫内の熱を放出しているから。特に側面などに学校のプリントなどを貼ると、熱の放出を妨げてしまい、電気代に跳ね返ってしまいます。冷蔵庫は割とデリケートで、ほこりが積もっていても、熱がこもってしまう。夏前に、背面のほこりや、上面の油汚れを取るなどしておくのが、正解といえます」(藤山さん)

食器棚や壁との間隔を空け、直射日光の当たらない場所に設置するなど、“冷蔵庫環境”を整えると、年間約1170円の節約につながるのだ。

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 11:46
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2878合併号・8月6日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

小泉今日子 3億円自宅を売却!
蒼井優 山ちゃんと同居開始!
松本人志 浜田雅功と極秘会談!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事