ここから本文です

レペゼン地球DJ社長、「パワハラ/セクハラ騒動」は捏造 「炎上商法」だったことを明かす

7/20(土) 21:17配信

KAI-YOU.net

パワハラ・セクハラが問題視された人気パフォーマンス集団/YouTuberグループ・レペゼン地球のリーダーであるDJ社長さんが、YouTubeに新たな動画を投稿。

【画像】丸坊主もカツラだった

自身の事務所所属タレント・ジャスミンさんに対するセクハラおよびパワハラが、すべて「炎上商法」と呼ばれるプロモーションだったことを明らかにした。

動画では「パワハラ ザ ホルモン」のテロップとともに、ジャスミンさんからのTwitterでの告発やLINEでのDJ社長さんとのやりとりなどが、自作自演だったこと歌にのせて説明。

マキシマム ザ ホルモン本人も登場してコラボを果たすと、最後には謝罪動画で見せた丸坊主が偽物であることも暴露。レペゼン地球の復活を宣言した。

7月21日から8月31日まではレペゼン地球復活祭と題して動画が毎日更新される。

謝罪に発展したDJ社長の炎上騒動

騒動の発端となったのは、9月のメットライフドーム(西武ドーム)でのライブ公演に向けて活動休止中のレペゼン地球・DJ社長さんによる2か月ぶりの動画投稿。

自身の事務所所属タレント・ジャスミンさんから、セクハラ・パワハラを告発されたことを受けて投稿した謝罪動画だった。

その中でDJ社長さんは、彼女に対する嫌がらせを謝罪したほか、レペゼン地球が活動休止していること、そして予定していたライブでの活動再開を検討していると言及。

一大プロジェクトを間近に控えたタイミングでの発覚に、今後の活動への影響が懸念されていた。

企画の背景

ジャスミンさんがTwitterで告発した当時、マキシマムザ亮君はバンドの公式Twitterで問題に言及。「レペゼン地球のDJ社長のこと好きだったのにこれはさすがにショック」とツイートしていた。

ネタバラしである7月20日に公開された今回の動画の内容を見るに、マキシマムザ亮君のツイートも一連のプロモーションにおける伏線だった可能性もある。

「今までありがとうございました。」と題した動画では、心配させたファンに謝罪するとともに、広告費がない自分たちには「炎上商法しかない」として、炎上商法の効果を説明。

「メディアは食いつき記事を書き」「アンチは喜びそれを拡散」「馬鹿みたいに広告のお手伝い!」とメッセージを歌っている。

「セクハラ/パワハラ」を揶揄するというモラルを欠いた手法の是非について、さらなる批判も噴出しているが、ドームでのライブというビッグイベントを控えて結果的に大きな注目を浴びてしまった。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 14:30
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事