ここから本文です

新型スープラは伝統の直6ターボ&FR! 受け継がれるトヨタのスポーツカーに対するこだわり

7/20(土) 16:03配信

WEB CARTOP

新型スープラに継承されるトヨタの心意気

 新型スープラの登場によって、トヨタのブランドイメージが変わったように思われているが、それ以前からトヨタはスポーツカーを精力的に作り続けてきた。現行ラインアップに名を連ねる86やスープラに息づく、スポーツカーづくりにおけるトヨタのこだわりを紐解いてみよう。

【写真】海外でも人気のトヨタのハイパワーセダン

 トヨタ初のFRスポーツカーはトヨタ2000GTだ。1960年代、クラウンでフラッグシップカー、カローラでファミリーカーを登場させたトヨタの次の目標が「スポーツカーを作ること」だった。当時スポーツカーとは、おもにオープンカーを指していた。トヨタも「スポーツ800」をデビューさせていたが、来るべき高速化時代に向けて、クローズドボディでヨーロッパのライバル車に対抗できるスポーツモデルの投入が必須となった。

 スポーツカーには、最高性能を持つエンジンを搭載したい。ただ、トヨタはすでにV8エンジンを持っていたものの、いわゆる「スポーツユニット」はなかった。そこで、M型エンジン(2L)をベースにDOHC化した「3M」を新規に開発した。そして、当時のスポーツカーづくりの定石とも言える「2ドア・ファストバック」のクーペボディに、ダブルウイッシュボーン式サスペンション、4輪ディスクブレーキを装備するシャシーに組み合わせた。こうして「トヨタ・スポーツ」のイメージリーダーカーとなる2000GTが完成した。

2000GT【MF10】 トヨタが持つ技術を結集し生み出された本格GTカー

 トヨタ初のGTカーとして1967年に登場。238万円の新車価格は当時のクラウンの約2倍。150馬力の最高出力を誇り、最高速度は220km/h(公称)に達する。

 一方、量産車メーカーとしては、2000GTよりもポピュラーなスポーツモデルもラインアップしたい。そこで投入されたのが「セリカ」だ。1970年代、北米市場が主要な輸出先となっていたトヨタは、4気筒エンジン搭載のセリカをスポーツモデルとして送り込む。国内ではセリカに加え「コロナ」「カリーナ」「カローラ」などに2Lまたは1.6LのDOHCエンジンを搭載した高性能モデルを設定した。

 しかしながら、北米市場では大排気量のライバル車が多く、そこでセリカに6気筒エンジンを搭載。こうして生まれたのが「セリカ・スープラ(日本名:セリカXX)」だ。

 1980年代に入ると、4気筒モデルはFF化の波を受けて、次々と横置きエンジンに変更され、トヨタのスポーツモデルもFF、4WD、MRへと切り替わっていく。横置きになってもスポーツ性能は高められた。セリカのWRCでの活躍や、MR2のジムカーナでの強さなどは、ファンならずともご存じだろう。

1/4ページ

最終更新:7/20(土) 16:03
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事