ここから本文です

女性のストレスレベルが低い都道府県ランキング、3位三重、2位広島、1位は?

7/20(土) 18:33配信

@DIME

自然豊かな田舎と便利な都会、どちらも一長一短がある。ここで気になるのが、生活環境の異なる都道府県によって「ストレス」を感じるレベルに差はあるのかということ。

今回は、メディプラス研究所が発表した『2019年版 女性のストレスオフ県ランキング』を紹介しよう。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます



同ランキングにより、ストレスオフ指数が最も高いのは「鳥取県」ということが明らかに。厚生労働省のストレスチェック(B項目)を基準に算出した各県の低ストレス者(39点以下)割合から高ストレス者(77点以上)割合を引いた「ストレスオフ指数」は61.2と過去最高を記録。第2位の広島県(35.5)と約26ポイントと大きく差が開いている。

女性の“ストレスオフ県ランキング2019”
その他トップ10入りを見ると、第3位三重県(31.7)は27位から、6位宮崎県(25.0)は20位からと大きくジャンプアップ。2017年、2018年と2年連続で第1位だった愛媛県(17.6)は、順位は落したものの、9位にランクイン。

全体では「高ストレス者予備軍」は増加傾向に


「ココロの体力測定」は4年前の2016年から開始。2019年の高ストレス者の割合は大きく減った2018年と同じ割合だが、「高ストレス者予備軍」は年々増加傾向に。また、低ストレス者は毎年減少傾向の結果が出ている。

女性のストレスが高い傾向は続いており、ストレス性疲労に大きく影響する「睡眠」に関しては5時間未満の人が増加し、女性の忙しさが表れている。勤務時間は働き方の多様性から5時間未満の労働が増えているが、一方で9時間以上の労働も増加傾向にあった。

ココロの体力測定2019 調査概要
対象者 :全国 20~69歳の男女各7万人
調査方法:インターネット調査(複数回答)
調査期間:2019年3月6日~3月18日(スクリーニング調査)

関連情報/https://mediplus-lab.jp/contents/detail/3370
構成/ino

@DIME

最終更新:7/20(土) 18:33
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年9月・10月合併号
7月16日発売

定価980円

夏の新製品辛口評価テスト
絶対に喜ばれる最強の手みやげ80選
ボディーメンテナンス11の処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事