ここから本文です

【RISE】那須川天心が計量パス「過去最高のコンディション。今まで溜めてきたものを全部スアキム選手にぶつける」

7/20(土) 21:23配信

ゴング格闘技

2019年7月21日(日)エディオンアリーナ大阪・第1競技場『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019』の前日計量&記者会見が、20日(土)大阪府内で13:00より行われた。

【写真】RISEオールスターズとラウンドガール

 メインイベントの「RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament」準決勝3分3R延長1Rで対戦する、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)はリミットちょうどの58.00kg、ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者スアキム・PKセンチャイムエタイジム(タイ)は1度目を58.05kgで50グラムオーバーしたが、その場で下着を脱ぎ57.95kgで無事パスした。

 計量後の会見で那須川は「この日のために自分はやるべきことを全てやってきました。今は本当に自信しかないですし、やってきたことを全て出すだけかなと思います。スアキム選手との試合は2回目になります。前回判定で勝ったんですけれども、今回しっかり内容にこだわって圧倒的に勝たないといけない試合だと思っています」と、ギリギリの勝利となった昨年2月の初対決よりも差を見せて勝つと断言。

 続けて「今回は髪型もそうですし、入場からコスチュームから全てド派手に行きたいと思いますので、皆さん入場からしっかり注目してもらえれば嬉しいです。一緒にタオルを投げてもらって入場からヒートアップさせるような楽しいことをしようと思っているので、皆さん期待していてください」と、入場から楽しませると予告した。

 対するスアキムは「前回は負けてしまいましたが、今回は必ず勝ちます。戦う準備は出来ているので皆さん楽しみにしていてください」とリベンジを宣言。

 お互いの前回と変わったところを聞かれると、那須川は「前回55.7kg契約だったので、それよりもスアキム選手が大きくなって58kgで今回やることになっています。自分と戦った時の試合よりもアグレッシブというか、打撃の破壊力もありますし、一発一発全て想いがこもっているというか、最近そういうスタイルが見られる。そういうところが変わったところかなと思いますし、そこもしっかり対策して今回コンディショニングをしてきたので問題ないかなと自信を持って試合に臨めます」と、スアキムの身体の大きさと戦い方の変化を指摘する。

 スアキムは「私は(相手に)関係なく集中しています。見た感じではパンチが少し重くなったと感じます」と、那須川のパンチのパワーが上がったと評した。

 那須川は「試合はずっと続いているんですけれど、今回のために他の試合も調整してきた部分がたくさんあるので、他の試合のことはその試合その試合で集中はしてきたんですけれど、今回どういうふうに勝つかということのためにずっと考えながら試合もしてきました。

 連戦のダメージとか疲労も一切ないですし、なんなら過去最高のコンディションになっているので。いろいろな試合を経て、やはり本番の試合をしないといくら練習で強くても活きないことが多いので、実戦をやる事によってだいぶ感覚がつかめる。今まで溜めてきたものを全部スアキム選手にぶつけて、圧倒的な試合、なんなら一発ももらわないくらいの試合をしたいですね」と、3月の1回戦以降やってきた練習も試合も全てはこの日のためだったとアツい意気込み。

 決勝でISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム=準決勝でルンキット・ウォーサンプラパイと対戦)との日本人対決が期待されていることについては、「やりたいですね。本当に強いメンバーを集めた中で、この日本人の2人が残るということ自体が凄いことだと思うので。それで決勝で2人が当たることになると日本の格闘技のレベルもどんどん上がっているな、ということがさらに実感できると思いますし、これからの格闘技界にも凄くいい影響を与えると思うので、ここで2人で勝って。同じトーナメントですが、今回に限っては日本vsタイという構図になるので、チームとして2人で勝ちたいと思います」と、志朗と共にムエタイの強豪に勝ちたいとした。

 そして、RISE初の大阪開催については「正直、こんなに盛り上がるとは思わなかった。チケットも1カ月前から完売ですし、皆さんの熱気も物凄く伝わりますし、格闘技ってまだまだ夢があるなって改めて思いました。自分だけじゃないですけれど、今回のみんなの試合内容によって次また大阪でやるってことも考えられますし、次はもっと大きな会場でやることも考えられるじゃないですか。だから今回の一発目の興行って凄く大事だと思う。自分だけじゃなく1試合目からメインまで全てみんなで盛り上げて、RISEが格闘技のレベルを上げられればなと思いますね」と、出場選手全員で盛り上げたいと語った。

最終更新:7/20(土) 21:23
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事