ここから本文です

宇垣美里、ヤバすぎる言動は「悪女」というより「気の小ささ」の裏返しではないか

7/20(土) 22:00配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【写真】『進撃の巨人』ミカサのコスプレをする宇垣アナ

第27回 宇垣美里

 女子アナの採用を担当するTBSの人事部はすごいなと私は前から思っています。短時間の選考で、小島慶子や青木裕子、田中みな実など、ま~、キャラが濃い女性ばかりを発掘するなんて、ちょっとした奇跡ではないでしょうか。

 キャラの濃さというTBSの伝統を受け継ぎ、今、世間サマをちょっとお騒がせしているのは、4月からフリーになった宇垣美里でしょう。

『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した宇垣は、TBS時代のウワサについて明かします。入社3年目に「降板を言い渡されると、“なんで私が降りなきゃいけないんですか?”と泣き叫び、コーヒーを壁に投げつけた」と『週刊現代』(講談社)に報じられた宇垣。真実か否かを同番組ナビゲーターの坂上忍に聞かれた彼女は、おおむね事実であることを認めます。

 事の詳細は、こんな感じ。降板をギリギリになって告げられたことに、宇垣は立腹。「私に対して失礼」「(降板が)決まらないなら、先延ばしにすべき」とプロデューサーに物申し、同番組司会のダウンタウン・浜田雅功を「おまえ、すごいな」と驚かせます。

 降板を告げる際、プロデューサーはコーヒーを用意していたそうですが、宇垣は「あなたからもらったコーヒーは飲めません」と、プロデューサーの見ている前で、コーヒーを流しに捨てたそうです。さらに、彼女とプロデューサーの間の会話が、世間に漏れていることについて、「TBSの民度が知れる」と発言、坂上をして「すげーな」と言わしめます。

 こんな事件もありました。宇垣は『スーパーサッカー』のアシスタントを務めていましたが、メインの極楽とんぼ・加藤浩次に「台本ばかり見るな」と注意されたところ、イラっとして台本を加藤の目の前で投げ捨てたそうです。浜田は再び「おまえ、すごいな」と驚いていましたが、宇垣本人は「そのあと、加藤さんが気に入ってくださって」と涼しいお顔。

 ここまでヤバい人は、明らかに会社員には向いていないので、フリー転向はいい決断だと言えるのではないでしょうか。TBS在籍中にコーヒー事件が記事になるということは、常識的に考えれば、身近な人がリークした可能性は高いでしょう。上司かその周辺に「やり返された」と見ることもできるはず。そのまま会社に残っていても、活躍は望めなかったかもしれません。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 0:42
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」9/3号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事