ここから本文です

東急池上線「池上」駅に不動産投資家が注目するワケ

7/20(土) 12:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

本連載は、毎回東京23区内の1つの駅とその周辺を取り上げ、不動産投資の観点で地域のポテンシャルを分析していきます。今回は、大田区・「池上」駅。

池上本門寺の門前町として栄えた、落ち着いた街並み

「池上」駅は東急池上線の駅で、大田区の行政・商業の中心「蒲田」から2駅に位置しています。都心に近いながら、穏やかで古くからの下町情緒のある落ち着いた街並みが魅力です。

池上は日蓮宗の総本山、池上本門寺の門前町として発展してきました。池上線はもともと、池上本門寺への参拝客の輸送を目的に始まった路線であり、現在でも10月のお会式(おえしき)という大きな大法会(お祭り)の際には臨時ダイヤが運行されています。普段は落ち着いた街並みですが、お会式当日となると人で賑わい、盛大なお祭りが営まれます。

駅前には日常生活に必要なスーパーや飲食店のほか、下町らしい青果店や酒店などが軒を連ねています。また、本門寺通りは門前町らしく煎餅や葛餅などを売る和菓子店があり、赤い毛氈を敷いた縁台も見られます。こうした地元に根付いたお店から、池上が古くから愛されてきた町であることが伺えます。駅から離れたところは戸建てや低層住宅の並ぶ住宅街が醸成されており、今も昔も変わらない風景を残しています。治安もよく、女性も安心して暮らせるでしょう。

帰ってくるとどこかほっとする、そんな安心感をもたらしてくれる町として、若者からお年寄りまで幅広い世代に選ばれています。

通勤の行き帰りも快適。都心へのアクセスを便利にする複数の路線網​

「池上」駅は東急池上線が利用可能です。池上線はJR山手線「五反田」駅から、大田区の商業の中心地「蒲田」までを結ぶ路線です。「池上」駅は「蒲田」駅からは2駅約5分、「五反田」駅からは20分程度の場所にあります。

蒲田駅からはJR京浜東北線へ乗り継ぐことができます。京浜東北線は埼玉方面から神奈川方面を結ぶ、いわゆる「南北縦貫路線」であり、都心の主要な通勤路線の一つです。また、五反田駅からはJR山手線に乗り継ぐことができ、都内各地への乗り継ぎが非常に便利な立地といえます。

駅前にはバスロータリーがあり、西は洗足池と田園調布。東は蒲田や大森、大井町、品川方面へのアクセスも可能です。また、坂道もなく平坦な道のりなので、自転車での移動も視野に入ります。

1/3ページ

最終更新:7/20(土) 12:00
幻冬舎ゴールドオンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

富裕層・企業オーナー必読!「知識武装し、行動する」ためのWEBメディア。「資産防衛」に関する最新情報とノウハウを配信!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい