ここから本文です

【ワールドチャレンジ2019採点&寸評】川崎 1-0 チェルシー|“千両役者”中村がさすがの仕事ぶり!両GKも好セーブで共演

7/20(土) 6:04配信

SOCCER DIGEST Web

川崎――ジェジエウ、田中は気合いの入ったプレー

[ワールドチャレンジ2019]川崎1-0チェルシー/7月19日/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
川崎 6.5
リーグ戦の好調ぶりを活かしてチェルシーから勝利を掴む。粘り強く戦い、試合終盤の猛攻につなげたのは見事。

【PHOTO】川崎×チェルシー戦を盛り上げたサポーター特集!

【採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6(65分OUT)
チームがリズムに乗れないなかでも冷静にプレー。無失点のまま新井にバトンを渡した。

DF
6 守田英正 6(90+2分OUT)
右SBで先発。クロスの対応などを的確にこなし、後半はボランチと左SBも務めた。

4 ジェジエウ 6.5
力強いディフェンスでバチュアイをストップ。カバーリングの速さも光った。

5 谷口彰悟 6
前半はバチュアイのゴリゴリとした突破にやや苦戦。それでも後半は空中戦の競り合いでジルーに勝ち、美しいフィードも見せた。

2 登里享平 6
前半は自陣サイドを突破されるシーンはあったが、最後の一線は超えさせず。攻撃時にはクロスの狙いどころが面白かった。

MF
25 田中 碧 6.5(65分OUT)
売り出し中のボランチはダイナミックなプレーでアピール。相手に激しく寄せて、ボールを奪えば味方にしっかりつないだ。自信を掴む一戦になったようだ。

22 下田北斗 5.5(HT OUT)
32分に危険な位置でパスミスをしたのはマイナス材料。対して的確にくさびを入れる場面もあった。

川崎――L・ダミアンは決勝弾をマーク!

41 家長昭博 6(HT OUT)
44分には相手の股下を抜く技ありシュートでチェルシーゴールを強襲。テクニックとボールキープ術を駆使した。

19 齋藤 学 6(HT OUT)
得意のドリブルでボールを持ち運ぶなど動きは悪くなかった。それでも相手ゴール近くであと一押しが足りなかった。

8 阿部浩之 5.5(HT OUT)
運動量豊富に動き回り、ボールに絡んだ。もっとも大きなチャンスを作り出すことはできなかった。

FW
11 小林 悠 5.5(HT OUT)
ボールがなかなか回ってこず。前線からのプレスに走ったが、相手の巧みなパスワークにいなされた。

交代出場
DF
17 馬渡和彰 6.5(HT IN)
試合終盤には中村とのコンビネーションで右サイドを突破してチャンスを演出。決勝弾へつながる流れを作った。

FW
9 レアンドロ・ダミアン 7(HT IN)
後半頭から登場すると、クロスに頭から突っ込むなどゴールを狙う。そして85分には中村のクロスをヘッドで押し込んで決勝ゴールをマーク! 勝利の立役者になった。

FW
20 知念 慶 6(HT IN)
後半立ち上がりにはL・ダミアンに好クロスを送る。この日はチャンスメーカーとして振る舞った。

MF
28 脇坂泰斗 6(HT IN)
右サイドからクロスを送ろうと試みるも奏功せず。それでもポジショニングを柔軟に変えるなど工夫は見られた。

MF
16 長谷川竜也 6(HT IN)
緩急をつけたドリブルで左サイドを駆け上がるもクロスはザッパコスタに阻まれた。ただ、終盤の猛攻にはひと役買った。

MF
34 山村和也 6(65分IN)
ボランチとしてプレー。85分には長谷川のパスを受けてあと一歩となるシュートを放った。

GK
21 新井章太 6.5(65分IN)
69分にはケネディのシュートをストップすると、73分にはジルーのFKをセーブ! 交代出場ながら見せ場を作った。

MF
MAN OF THE MATCH
14 中村憲剛 7(83分IN)
まさに千両役者だ。大きな拍手を受けてピッチに立つと、直後から柔らかいパスで数々の決定機を創出。そして85分にはL・ダミアンの決勝弾をアシストした。短い出場時間ながら試合の趨勢を決めた。

DF
26 マギーニョ ―(90+2分IN)
クローザーとして登場。1-0のまま試合を締め、任務を全うした。

監督
鬼木 達 6.5
勝負どころでの中村投入が大当たり! チームを上手く導いて、勢いの付く勝利を手にした。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:7/20(土) 9:06
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事