ここから本文です

窪田正孝はイチゴ味?肩をかじった山本舞香「おいしかった!」

7/20(土) 15:30配信

ザテレビジョン

石田スイ氏の人気コミックを実写映画化したシリーズ第2弾「東京喰種 トーキョーグール【S】」の初日舞台挨拶が7月19日に東京都内で開催され、窪田正孝、松田翔太、山本舞香、小笠原海、白石隼也、木竜麻生、桜田ひより、村井國夫、川崎拓也監督、平牧和彦監督が出席。主題歌「Introduction」を手掛けた女王蜂のアヴちゃんも駆け付け、会場を盛り上げた。

【写真を見る】ヒロインのトーカを演じた山本舞香の美脚がチラリ!

窪田は「みんなで作り上げてきたものが、形となって皆様にお届けする日がやってきて、すごく感慨深い」としみじみ。「2年前に『1』が公開されて、撮影もすごく大変な中で進んでいった。『1』でやったものが新しいスタッフ、キャストに引き継がれ、受け継がれ、形を変えて【S】になった。作品が続いていくことは、役者をやっていてうれしいこと」と公開を迎えた喜びを語っていた。

タイトルの【S】にちなみ、「自分だけが知っている“秘密=シークレット”」を明かすこととなったこの日。窪田は「舞香は黒が好き」と答えると、松田は「(劇中に出てくる)目ん玉の味は、ヨーグルトの味」、さらに山本が「カネキの味はイチゴ味」と暴露し、会場も大爆笑。松田はうなずきながら「血のりにシロップが入っている」とイチゴ味の理由を解説していたが、山本は「肩をかじらせていただいたんですが、おいしかった!」とにっこり。松田も「おいしかった。僕はお腹の方を(かじった)」と話すなど、“食事トーク”で意気投合していた。

また【S】にちなんだ、Surprise(サプライズ)も用意された。まずは、この日まで伏せられていた、ピエロのマスクをつけた新キャラクター、宗太役のキャストが新田真剣佑であることがサプライズ発表された。窪田は「パンフレットなどでキャスト名を墨みたいなのでぼかしていましたが、あの字体で当てた人がいる」と勘のいいファンがたくさんいたことに触れ、「漢字5文字だし、新田の『田』が角ばっていて。そうじゃないかなあと」と語ると、客席からも「気づいた」という人から多数の手が上がっていた。

もう1つのSurprise(サプライズ)は、女王蜂のアヴちゃんの登場。窪田は「初めましてです」、山本も「初めまして。びっくりです」と目を丸くするなど、サプライズは大成功。最後には窪田が続編への期待を膨らませ、にぎやかな舞台挨拶を締めくくった。

本作は、2017年に萩原健太郎監督、窪田正孝主演で映画化された「東京喰種 トーキョーグール」の第2弾。不慮の事故で人を喰らわないと生きられない“喰種”と人間のハーフになってしまった青年の前に、美食家〈グルメ〉と呼ばれる史上最悪の喰種が現れる。全国公開中。(ザテレビジョン)

最終更新:7/20(土) 15:30
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事