ここから本文です

高良健吾、はしゃぐ姿をのぞき見され「最高でした」

7/20(土) 16:00配信

ザテレビジョン

俳優の高良健吾が7月19日、東京都内で行われた主演映画「アンダー・ユア・ベッド」の初日舞台挨拶に出席。R18+指定作品の映画で、最愛の女性をベッドの下からのぞき見る狂気の男を演じた高良が「この映画が皆さんにどんな爪痕を残すのか。とても楽しみにしています」と期待を寄せた。

【写真を見る】インパクト大!女性のベッドの下に潜む三井(高良健吾)

大石圭の同名小説を映画化した本作。孤独な人生を送っていた男、三井が、11年前に大学の講義中にたった一度だけ自分の名前を呼んでくれた女性、千尋のことを忘れらず、彼女にもう一度名前を呼ばれたい一心で千尋を探し出し、盗聴・盗撮、自宅に潜入するなど、暴走していく姿を描く。三井を演じた高良が、歪んだ愛の形を鬼気迫る演技で体現した。

高良は「人からの反応が今まで以上、もしかしたらここ最近だと一番ある。『楽しみだよ』『こういう役、合うよね』と言われる」と周囲の反響を明かしつつ、「うれしいですが、複雑なんですよ。ストーカー役が似合うって、どういうことかなって思います」と胸の内を語り、会場を笑わせていた。

劇中では高良が“のぞく男”を演じたが、この日は共演者陣が「高良の意外な姿をのぞき見た瞬間」を暴露することになった。千尋役の西川は「2週間の撮影でタイトだったけれど、半日だけお休みのある日があった。でもいわき市にあるスパリゾートの『ハワイアンズ』に行った日があって」と撮影期間を述懐。

続けて「『高良さんはどこに行ったんだろう』って思ったら、売店で水着を選んで買っていた。めちゃめちゃ、やる気満々! 現場でも全力の三井くん。オフも全力で楽しまれる方なんだなと思った」と楽しそうに語ると、高良は思わず照れ笑い。「最高でしたね。あんなデカい、面白い施設があるんだって」と大いに満喫したこと白状し、「白が基調の水着でしたね。今あの水着は、家で寝巻きにしています」と話していた。

「アンダー・ユア・ベッド」は公開中。(ザテレビジョン)

最終更新:7/20(土) 16:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事