ここから本文です

元英代表FWルーニー、冷静すぎる股抜き弾に称賛 「ピュアマジック」「新たな感銘」

7/20(土) 12:40配信

Football ZONE web

シンシナティ戦で1得点1アシストを記録 マーカー2人を翻弄する技ありのダメ押し弾

 元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが所属する米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッドは、18日にFCシンシナティと対戦し、4-1で勝利した。先発出場したルーニーは、ダメ押しゴールを含む1得点1アシストを挙げたが、冷静すぎる股抜き弾をクラブも「ピュアマジックだ」と称賛している。

【動画】「ピュアマジック」と反響 元イングランド代表FWルーニーの冷静すぎる股抜き弾

 D.C.ユナイテッドは前半42分、ルーニーのお膳立てからアルゼンチン人MFルーカス・ロドリゲスがゴールを奪って先制。後半9分に同点に追いつかれるも、同14分にL・ロドリゲスがこの日2点目を挙げて再び勝ち越し、さらにルーニーが魅せる。

 後半19分、アルゼンチン人DFレオナルド・ハラからパスを受けたルーニーは、ペナルティーエリア内中央でシンシナティの選手2人と対峙。カットインしてシュート体勢に入ると、トリニダード・トバゴ代表DFジャスティン・ホイトが足を出してきた瞬間、股下を通して、そのままゴール左隅に流し込んだ。

 相手GKが一歩も動けない狙いすました一撃に、D.C.ユナイテッド公式ツイッターは「落ち着き払い、そしてハラとルーニーのおかげで3-1とリード。ピュアマジックだ」と称えた。海外サッカーメディア「BeSoccer」も「ルーニーは飽きない。新たな感銘」と伝えている。

 33歳となった元イングランド代表主将は、LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとともに、アメリカのサッカー界を力強く牽引している。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/20(土) 12:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事