ここから本文です

宇佐美貴史、2度目の欧州挑戦で得た“失敗”の意味 「清々しいくらいダメだった」理由とは?

7/20(土) 10:30配信

Football ZONE web

【インタビュー②】2016年に2度目の渡欧 自ら「失敗」と表現した苦悩の日々とは?

 ガンバ大阪にあの男が帰ってきた。6月24日、ドイツ1部アウクスブルクからFW宇佐美貴史が完全移籍で加入すると発表された。3年ぶりの古巣復帰で、7月20日にアウェーで行われる第20節・名古屋グランパス戦からの出場となる。ドイツでの戦いを終え、日本に帰国した宇佐美は今、何を思うのか。発表から間もない頃、大阪府吹田市の万博練習場で汗を流す宇佐美を直撃。全4回で宇佐美が思い描く現在、過去、未来をお届けする。第2回は「ドイツでの“失敗”」について――。

【動画】MF宇佐美貴史の圧巻テクニックも選出! ブンデスリーガの華麗なスキル集

   ◇   ◇   ◇

 2度目のドイツ挑戦を終え、G大阪へ復帰した宇佐美は、発表翌日の6月25日に会見へ臨んだ。「2度目も個人的にはダメだったという印象が、清々しいくらい自分の中にあった」。2016年にドイツ1部アウクスブルクへ完全移籍し、17年夏に当時2部だったデュッセルドルフへ期限付き移籍。昇格に貢献し、デュッセルドルフ2年目となる18-19シーズンに臨んだが、勝負の1年はブンデスリーガ19試合1得点と不本意なものに終わった。宇佐美は3年にわたる2度目の挑戦を、「清々しいくらいダメ」と表現した。

「成功だけを続けられる人がベストやとは思う。ずっと階段を上り続けられる人。でも、そういう人ばかりじゃないし、若くから注目してもらって、若い時には強気な発言とかもしたけど、自分のなかで揺るぎない自信がずっとあったわけじゃない。キャリアのなかで、成功して階段を上ってまた落ちて、を繰り返すことができる幸せ。そういうのを噛み締めないと」

 京都府長岡京市に生まれ、長岡京SSに所属していた小学生時代から「天才少年」ともてはやされた。中学でG大阪ジュニアユースへ入り、ユース、トップへも飛び級で昇格。高校2年生でプロデビューし、「至宝」として育てられた。一気に駆け上がった階段だったが、19歳で決断したドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンへの移籍から徐々にそのスピードは落ちてきた。欧州での壁は高く、13年夏に当時J2だったG大阪へ復帰。シーズン残り半分を18試合19得点で駆け抜けてJ1昇格に貢献し、翌14年には三冠を獲得した。15年は19ゴールで得点ランク3位、16年夏に再びドイツへ旅立った。上がっては落ちて、落ちては上がって……。10代の頃から何度も繰り返し、「失敗」するたびに明るい道を探ってきた。

1/3ページ

最終更新:8/2(金) 17:02
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事