ここから本文です

中村憲剛が体感、新生チェルシーの特徴は? 「保持するために攻めるのではなく…」

7/20(土) 17:50配信

Football ZONE web

勝利もチェルシーの強さに脱帽 「普段自分たちがJリーグでやっていることをやられた」

 川崎フロンターレは19日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019でチェルシーと対戦。プレミアリーグの強豪クラブを相手に1-0の金星を上げた。終盤に投入された元日本代表MF中村憲剛が、FWレアンドロ・ダミアンの決勝ゴールをお膳立てする活躍を披露したが、試合後、フランク・ランパード監督が率いる新生チェルシーの特徴について振り返っている。

【動画】川崎MF中村憲剛、“魔法”の絶妙ループパスで決勝弾アシスト! チェルシー撃破の決勝ゴールを演出したシーン

 試合は序盤から川崎がハイプレスをかけて相手の自由を奪う戦略に出るも、チェルシーの中盤は連動したプレッシングを難なくかわし“無力化”して見せていた。そして、テンポの良いパスワークからシュートチャンスを演出しており、そのスタイルはまさにJリーグでいう川崎のスタイルを連想させるものだった。プレシーズン中のチェルシーが万全でないなかでも手堅い試合を見せていたが、風向きが一気に変わったのは後半38分だった。

 38歳の中村がピッチに立つと、川崎は息を吹き返したかのように攻撃が活性化する。同40分には中村が起点となった右サイドからのクロスにL・ダミアンがヘディングで合わせるも、これは惜しくもバーを叩く。しかし、迎えた同42分、CKの流れから相手エリア内でボールを拾った中村が左足で絶妙なループパスを供給すると、ダミアンが今度こそネットに叩き込み、結果的にこの1点が決勝弾となった。

 わずか10分間の出場で文字通りチームを勝利に導く救世主となった中村だが、「普段自分たちがJリーグでやっていることを、相手にやられた」と、チェルシーの質の高いポゼッションに舌を巻いた。「止めて蹴る、だなと。止められるからいろんな選手を見られて(ボールを)握れるし、こっちがプレッシャーをかけても、それをプレッシャーと感じてくれなかった。なかなかJリーグでは感じられないもの」と、称賛の言葉を送った。また、体制の変わった新生チェルシーの特徴についても触れている。

中村が感じた新生チェルシーの特徴 「守備の視線をずらすサッカーをしてくる」

「前からもしっかり来るし、切り替えも早い。保持するために攻めるのではなくて、点は取りに来るんだけど、無理はしないんだなと、それは非常に感じた。試合をコントロールしながら無理はせず、空いているところを突き、時折ロングボールを放り込んで、守備の視線をずらすサッカーをしてくるなと」

 チェルシーは昨季、マウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス監督)の下、卓越したパスセンスを誇るイタリア代表MFジョルジーニョをアンカーに置く、徹底したポゼッションスタイルをチームに浸透させたが、この一戦ではジョルジーニョの横にマテオ・コバチッチを置き2ボランチを形成。パスを捌く司令塔のジョルジーニョと、ボックス・トゥ・ボックスでハードワークするコバチッチの中盤から逆算されたチーム戦術となっていた。

 ランパード監督も、試合前に行われた記者会見で「私が求めるプレーは、エネルギーに満ち溢れ、スピード感のあるサッカーだ。ボールを失ったらすぐ取り返す、ボールを持っていたら、早く進める」と、“脱サッリ”を宣言していたが、川崎戦では土台こそ昨季のスタイルで固められていたものの、中盤の高いインテンシティーや激しいハイプレスは、サッリ体制では見られなかったプレーだ。中村もそんな新生チェルシーの片鱗を、ピッチで実感した様子だった。

Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku

最終更新:7/21(日) 19:05
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事