ここから本文です

久保建英の才能にペップも注目? マンCは「レアル以上の報酬」を今夏用意したと報道

7/20(土) 17:20配信

Football ZONE web

レアルやバルサ、PSGと争奪戦を展開 「“3番手”の立場になっていた」

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、カナダのモントリオールで行われたトレーニングキャンプ、そしてインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)に向けて順調に調整を続けている。レアル加入までのプロセスでは様々な憶測が流れたが、レアル専門メディアである「Defensa Central」によれば、ヨーロッパきっての名将であるマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も、久保に注目していたようだ。

【動画】名将ペップも注目? レアル久保建英、足裏フェイント弾&華麗なまたぎフェイント弾…華麗なバックヒールも披露

 今夏の移籍市場でレアルは、久保が下部組織時代に所属したバルセロナ、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)といったメガクラブと争奪戦を繰り広げてきた。ただそれとともに、同メディアが「あまり報じられていない」と記しているのは、プレミアリーグ連覇を果たしたシティからの熱視線だった。

「マンチェスター・シティは“3番手”の立場になっていた。イングランドのチームはグアルディオラからの要求によって、クボとの契約を目指すためにツバをつけていたようだ。レアルが出すとされた報酬面をより上回るようなオファーを目論んでいた」

 グアルディオラ監督率いるシティは的確なポジショニングと鮮やかなパスの連係によって相手を崩し切るスタイルが定着したが、そのスタイルにフィットする人物として久保に興味を示していたという。ただし「クボにとっては(イギリスの通貨である)ポンドよりも、メレンゲス(レアルの愛称)でのプロジェクトのほうが興味を持ったのだ」と、レアルでのプレーを希望したことを記している。

 各国のメガクラブ、そしてジネディーヌ・ジダン監督やペップ監督も注目するほどの潜在能力。久保はプレシーズンマッチを含めて、欧州でどれだけのものを見せてくれるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/22(月) 14:41
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事