ここから本文です

元日本代表DF酒井高徳は「ポルディのところ」へ? “J1神戸入り”を独紙は有力視

7/20(土) 19:20配信

Football ZONE web

元HSV監督率いる神戸が移籍先候補か U-21で調整中のMF伊藤達哉の現況にも言及

 ハンブルガーSVの元日本代表DF酒井高徳は、今夏のJリーグ復帰が予想されるなど、その動向に注目が集まっている。そんななか、ドイツ紙「ビルト」はJ1ヴィッセル神戸へ移籍する可能性を報じた。

【一覧】2019-20シーズン「退団&新加入選手」 Jリーグ「夏の移籍市場」

 ハンブルガーSVは2017-18シーズンのブンデスリーガ1部で17位となり、クラブ史上初の降格を経験。キャプテンも務めた酒井は新シーズンもチームに残る決断を下したが、結果は2部4位に終わり、1年での昇格というミッションは達成できなかった。

 リーグ最終戦後には一部サポーターからブーイングと指笛を浴び、今夏の退団が報じられるようになった酒井について、「ビルト」紙は「サカイがポルディのところへ?」と見出しを打って報道。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属する神戸への移籍を有力視している。

「2020年まで契約を残す酒井は、日本に戻ることができると考えている。最近はヴィッセル神戸とのつながりがある。元HSV(ハンブルガーSV)監督のトルステン・フィンクが率い、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属するチームだ」

 また、記事では日本代表MF伊藤達哉がすでにチームに別れを告げ、U-21チームで調整しながら移籍先を探していることにも触れている。ハンブルガー所属の日本人選手2人は今夏、どのような決断を下すのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/20(土) 19:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事