ここから本文です

東大生の親に「お受験ママ」が異様に少ないワケ

7/20(土) 5:40配信

東洋経済オンライン

偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、「東大生の親」の実像を解説します。

この記事の写真を見る

■東大生の親は「お受験ママ」が多いという誤解

 「東大生の親って、子どもにめちゃくちゃ勉強させまくってそう」「めちゃくちゃスパルタなお受験ママが多そう」

 大抵、東大生の親のイメージというのはこういうものでしょう。子どもに勉強させまくるスパルタな親がいないと、東大生にはなれないのではないか、と。

 しかし僕が東大生になって、東大生やその親御さんたちを100人以上調査していく中で見えてきたのは、こうした「いわゆるお受験ママ」のイメージとはまったく違った親御さんの像でした。もちろんこういう親御さんも中には存在するのでしょうが、ほとんどの親御さんはスパルタとは程遠いようです。

 例えば、東大生の多くは、親御さんから「勉強しなさい」と言われた記憶がないそうです。親から言われて勉強して、その結果東大に入ったという学生はあまり見かけません。

 では、東大生の親は放任主義が多いのかと言われると、そういうことではないんです。今日は、東大生の親御さんを調査した結果から見えてきた、東大生の親がもつ「親力」を3つ、ご紹介させていただこうと思います。

 調査の中でいちばん印象的だったのは、東大生の親は子どもに「自分で考えさせている」ということでした。

■東大生の親は何事も「強制」しない

親力1:自分で考えさせる
 「勉強しろ」にとどまらず、東大生の親は「これをしなさい」「あれをしなさい」と子どもに話すことはあまりないそうです。「何かをしろと言われたこと自体がそんなにない」と、多くの東大生が話してくれました。

 しかし、では子どもに何も求めなかったのかと言うとそうではなくて、「上から目線で教えたり、命令するのではなく、そこまでの道筋を示す」パターンが多いことがわかりました。

1/4ページ

最終更新:7/20(土) 5:40
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事