ここから本文です

大迫勇也同僚の“ブンデス最年長得点記録保持者”、2020年に現役引退すると明言

7/20(土) 20:00配信

フットボールチャンネル

 ブレーメンに所属する40歳の元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロが、来季終了後に現役引退すると明言した。19日に独紙『ビルト』が報じている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 ピサーロは「次が最後だ。いろいろな人と話し合ってきた。まだまだ元気だが、もう十分だよ。ブレーメンで最後のシーズンを戦うために欧州へ行く」と語り、2019/20シーズンを最後に現役引退する意向であると明かした。

 バイエルン・ミュンヘンやチェルシー、ケルンなどでプレーしてきたピサーロ。2018年7月にブレーメンへ加入すると、昨季は公式戦30試合に出場し7得点2アシストを記録。今年5月に行われた最終節のライプツィヒ戦でも得点し、40歳227日でゴールを決めたことでブンデスリーガの最年長得点記録を更新していた。そして、シーズン終了後に契約期間を1年間延長。2020年6月までプレーすることになった。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/20(土) 20:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事