ここから本文です

坂本花織はトリプルアクセルの 答えを探す。「理想は伊藤みどりさん」

7/20(土) 16:57配信

webスポルティーバ

男子並みに4回転ジャンプを跳んでくるロシアの若手がシニアに参戦してくる今季、坂本花織はこれまで何度も挑んでは挫折してきた挑戦に、再度、取り組もうとしている。それがトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だ。

羽生結弦 トークショー フォトギャラリー

 伊藤みどりが1989年に女子選手として初めて試合でトリプルアクセルを跳んで以来、日本女子のトリプルアクセルジャンパーは中野友加里、浅田真央、そして紀平梨花と、その系譜は脈々と受け継がれてきた。トリプルアクセルは日本女子を象徴する武器と言っても過言ではない。

 身近な先輩スケーターが武器にしていたトリプルアクセルを跳びたいと思うのは必然と言えば必然だが、この大技は習得するのが非常に難しくもある。だから、女子でトリプルアクセルを試合で跳んで武器にできる選手は、この30年で10人にも満たないほどだ。そのトリプルアクセルに、今オフは日本女子のほとんどのトップ選手がチャレンジしている。

 高さと飛距離のあるダイナミックなジャンプを跳ぶ坂本は、ジュニア時代からこの大技に取り組んでいた。しかし、2015-16シーズンに右足すねを疲労骨折して、まったくリンクに立つことができない時期やジャンプが跳べない時期を経験。そのケガ以後はトリプルアクセルを封印してきた。その坂本がトリプルアクセルの練習を本格的に再開したが、シニア強化合宿があった7月半ばの時点では、まだ完成にはほど遠いようだ。

「超微妙。タイミングが合えば回り切る感じまで行きますが、そのタイミングが合うのがほんとに難しいです。確率はまだ全然低いです。奇跡ぐらいの確率かな。回転速度が遅いし、あとは高さを出すか、回転ピッチを上げるかしかないので、そこをなんとかしたいなと思っています」

 高さを出すべきか、それとも回転ピッチを速くするべきか。坂本本人もまだ答えを見つけることができていない。

「わからなくて......。でも、高さを出したほうが、他のトリプル(3回転ジャンプ)ももうちょっと余裕にできるんじゃないかと思うので、高さと言いたいんです。ただ、今後4回転に挑戦するんだったら、回転ピッチを上げたいとも思っているので、ごちゃごちゃしている感じになっています」

1/3ページ

最終更新:7/20(土) 16:57
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事