ここから本文です

ファミレスの定番「生姜焼き定食」最前線 もっともおトクなのはどこ?

7/21(日) 15:00配信

マネーポストWEB

 和風定食の定番となっている豚の生姜焼き定食。何を食べようか迷ったときに「とりあえず、生姜焼きでも頼んどくか」と考える人も多いのではないだろうか。

 そんな生姜焼き定食はファミリーレストランでも人気メニューのひとつとなっている。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「大手ファミレスでは、とんかつ定食や鶏のから揚げ定食が和風メニューの定番となっていますが、それらと並んで生姜焼きも人気。主要ファミレスの中では、ガストとデニーズが定番メニューとして生姜焼き定食を販売しています。また、ロイヤルホストは生姜焼きではありませんが、『国産豚 ポークロースステーキ ジンジャーバターソース』というメニューも人気です」

 ファミレス各社でどんな違いがあるのか。まずは、ガストとデニーズの生姜焼き定食を比較してみよう。

ガストの生姜焼きはザ・シンプル

 ガストで販売されている「豚肉の生姜焼き」は、単品で599円(税抜き、以下同)。“定食”の形にするには、179円の単品ライス、もしくは、ご飯・味噌汁・小鉢・漬物の「Cセット」(349円)などを注文する必要がある。ライスと生姜焼きの組み合わせであれば778円、Cセットとの組み合わせであれば948円となる。

「ガストの『豚肉の生姜焼き』は、豚肉を玉ねぎといっしょに炒めて、青ネギを最後にふりかけたとてもシンプルなもの。一般的な生姜焼きのイメージを裏切らないもので、多くの人がおいしくいただけると思います。

 付け合せには、千切りのキャベツが盛られています。マヨネーズもついてきますが、もともとキャベツにはドレッシングがかかっていて、生姜焼きのタレと混ぜつつ食べるとおいしいです。

 分量については標準的といった印象。価格については、ライスだけを頼むか、それとも味噌汁や小鉢を含めて頼むかで、調整できるのは消費者にとって嬉しい部分ではあると思います」(小浦氏・以下同)

デニーズの生姜焼きは小鉢とポテサラがデフォルト

 デニーズでは「生姜焼き膳(選べる小鉢つき)」が販売されている。ごはんと味噌汁、ひじきの煮物、3種類から選べる小鉢がついて、価格は999円となっている。

1/2ページ

最終更新:7/31(水) 20:58
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事