ここから本文です

民主党政権が小沢総理だったら…、2大政党制も成熟していた

7/21(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 歴史に「if」はないといわれる。だが、過去の政治の転換点で、「もしもこの政治家が総理になっていたら、“国のかたち”は違っていたかもしれない」と期待された人物は少なくない。

【ランキング】政治のプロが選ぶ「総理になってほしかった政治家」

 日本政治の分水嶺はどこにあったのか──参院選(7月21日投開票)を前に検証することには重要な意味がある。本誌・週刊ポストのアンケートで政治家OB、政治記者、評論家ら30人が「総理になってほしかった政治家」を選んだ(別掲表)。

 その結果をみると、森喜朗内閣時代に起きた自民党の「加藤の乱」の主役、加藤紘一氏(9位)もランクインしている。

「論理的な思考能力がある人で、レベルの高いリベラルな政治家でした。日本会議の存在に最初に警鐘を鳴らした人でもある。加藤さんが失脚したことで、自民党では右派とリベラル派が交互に政権を担うという振り子の論理が働かなくなり、弱者に対して目配りをするのが政治だという意識がまるっきりなくなっていった」(ノンフィクション作家・魚住昭氏)

 その加藤氏の後継者で、“自民党最後のリベラルの星”と呼ばれたのが谷垣禎一氏(3位)だ。

「野党になっていつ空中分解してもおかしくなかった自民党を、谷垣氏は総裁として何とか持ちこたえさせた。ただ彼が総理として手腕を発揮できるのは、安定した時代だと思う。リーマンショックに見舞われ、東日本大震災なども踏まえれば、時代が彼を選んでいなかったとも言える」(岩井奉信・日本大学法学部教授)

 そして、自民党と戦って2度の政権交代を実現させた小沢一郎氏が1位の安倍晋太郎氏に次いで2位にランクインした。政治学者の中北浩爾・一橋大学教授が語る。

「この30年の間の政治は小沢、小泉(純一郎)、安倍(晋三)で回しています。政治を動かす力と実績があるのはこの3人だった。小泉、安倍は総理になっていますから、残るのは小沢氏だけです。民主党政権になったとき小沢総理だったら、あんなバラバラな酷い政権にならなかった可能性は十分考えられます。

 小沢氏の政治力というのは、政策立案能力だけでなく、党や役所の組織を締め付けて政治を動かす、変える能力があるということです。だからこそ自民党も、野党の中では小沢氏だけは怖がっている。そういう唯一の存在だと思います」

 愛知大学教授の後房雄氏もこういう。

「民主党政権が小沢総理だったらこの国の2大政党制も少しは成熟し、日本の政治史が変わるターニングポイントになったと思う」

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

最終更新:7/21(日) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事