ここから本文です

三盗を成功させるコツは?【後編】/元中日・井端弘和に聞く

7/21(日) 11:02配信

週刊ベースボールONLINE

読者からの質問にプロフェッショナルが答える「ベースボールゼミナール」。今回は走塁編。回答者は現役時代、たびたび好走塁を披露した元中日ほかの井端弘和氏だ。

【動画】巨人の韋駄天・増田大輝、モーションを盗み三盗に成功!

Q.中学3年生です。足には自信があります。ただ、三塁への盗塁がなかなか成功しません。リードの取り方とスタートのタイミング、そのほかにコツがあれば教えてください。(山口県・14歳)
A.タイミングさえ盗めれば球種は関係ありません

 前回の続きです。二塁への盗塁とは異なり、三塁への盗塁は相手バッテリーや守備陣のスキを突くことが重要で、ただ走るだけではなく、スキやクセを見抜く観察眼、それらを頭に入れた上でスタートを切る思い切りと、その判断力が大切であり、足の速さはさほど関係ないことを説明しました。

 また、リードの取り方のコツとして、一塁ランナーのように、目いっぱいのリードを最初から取るのではなく、相手のけん制のサイン交換が終わるまでは1、2歩程度(※相手にけん制のサインを出しにくくさせるためです。「出しても引っ掛かりそうにないな」と思わせるのです)にとどめ、ピッチャーがセットに入ったあとに徐々にリードを大きくしていくと、サインによるけん制はなく(投げづらくてピッチャーがプレートを外すことはあります)、スタートに勇気が持てることを紹介しました。

 現役時代、私がショートを守っていて、注意すべきランナーが二塁に来た際、極力その選手に話しかけるようにしていました。なぜか。実は、話しかけてリアクションがある選手はほぼ100パーセント、「走る(三盗する)気がない」と判断できるからです。ただ世間話をしているわけではありません。もちろん、その体を装って話しかけてはいるんですが、これもテクニックです。

 走ろうと思っている選手に、会話をしている余裕はないですからね。話しかけても、あいさつを返す程度で、こちらのほうを向こうともしない選手がいたときは、「あ、怪しいな」と。ピッチャーに逆回り(反転してのけん制ではありません)の偽投をさせてみたり(刺すためではなく、警戒しているぞ、投げるぞと思わすためです)、さらにしつこく話しかけて集中力を削ごうとしていました。話が内野守備編になってしまいましたが、学生野球ではないでしょうが、そういう目でプロ野球を見るのも面白いと思いますよ。

 話を戻します。当然、真っすぐよりも変化球のほうが、走りやすいのは確かで、サイン交換というのも注意深く見ているものですが、でも、球種というよりもタイミングが大事。タイミングさえ盗めれば、真っすぐだって走れます。自分がスタートを切った後に、ピッチャーが足を上げるくらいのタイミングで盗めれば、怖いものはありません。

<「完」>

●井端弘和(いばた・ひろかず)
1975年5月12日生まれ。神奈川県出身。堀越高から亜大を経て98年ドラフト5位で中日入団。14年に巨人へ移籍し、15年限りで現役引退。内野守備走塁コーチとなり、18年まで指導。侍ジャパンでも同職を務めている。現役生活18年の通算成績は1896試合出場、打率.281、56本塁打、410打点、149盗塁。

週刊ベースボール

最終更新:7/21(日) 11:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事