ここから本文です

【新情報が続々判明!!】ダイハツの新型コンパクトSUVは11月に販売開始!!

7/21(日) 9:30配信

ベストカーWeb

 ダイハツは2019年7月9日に新型タントをデビューさせた。

 トヨタの完全子会社となって初の大掛かりなフルモデルチェンジ車ということもあり相当な意欲作で今後の動向が注目されるが、ダイハツにはもう1台噂になっているクルマがある。

 2017年の東京モーターショーに出展していたコンパクトSUVのDN TRECだ。ショーモデルと呼ぶには現実味を帯びたデザインとスペック、完成度の高い内装など市販を前提としたプロトタイプであることは明らかだったが、そのデビューはいつなのか!?

 注目度抜群のダイハツの新型コンパクトSUVはどんなクルマなのか、いつ市販を開始するのかを年間100日ディーラーを回って情報を集めている遠藤徹氏が徹底調査。

文:遠藤徹

東京モーターショー後に発売を開始!?

 トヨタの販売店筋では今年春頃、「今秋の10月か11月頃にC-HRの下に位置するコンパクトSUVが発売になり、それはダイハツからのOEM供給になる可能性がある」という情報が流れていた。

 この情報を得た時点でダイハツの販売店では、「そんな情報は聞いていない。夏にタントがフルモデルチェンジするという情報が入っているだけ」ということだった。

 それが7月に入ると状況が変わってきた。

「どうやら2017年の第45回東京モーターショーに参考出品したプロトタイプのDN TREC(ディーエヌ トレック)が11月5日頃に発売になるらしい」ということだった。

 ダイハツの某開発責任者も2018年秋の取材で、「市販に向けて開発を進めているが、正式な発売時期はまだ決まっていない」とコメントしていた。

ターゲットはスズキクロスビー

 今のところほぼプロトタイプに近い内容で市販される見込みである。

 タントで初採用したダイハツの新世代プラットフォームである「DNGA」を採用。ボディサイズは全長3989mm、全幅1695mm、全高1600mmでスズキのクロスビーの全長3760×全幅1670×全高1705mmに比べると40mm長く、25mm広く、70mm低い。

 したがってクロスビーよりも乗用車に近いスタイリッシュなボディシェルといえる。

 エクステリアデザインは直線と曲面を融合させたシンプルな5ドアSUVレイアウトを採用。フロントは横長の異形2灯式LEDヘッドランプに大型台形ハニカムグリル。

 リアビューはヘッドランプに似た横長異形コンビランプとルーフスポイラーを配している。室内は2列シート5人乗りで、エクステリアデザインに合わせシンプルな作りで仕立てている。クロスビーより若干サイズが大きいぶん、広いレイアウトが売りとなる。

 シートは助手席が前に倒れフラットになり、長尺ものを積める空間を確保しているようだ。タイヤサイズは215/55R13でアルミホイールバージョンも用意する。ボディカラーはモノトーンとルーフとボディパネルが異なる組み合わせの2トーンの構成となる見込み。

 消費税込み車両本体価格は180万~220万円でほぼクロスビーと同じ設定となる見込みである。消費税が10%となった後にデビューするため、そのぶん若干高くなるかもしれないが、それはクロスビーも同じだ。

 パワーユニットはプロトタイプでは1.2Lハイブリッドだが、当初はこれとは違い新開発の1L、3気筒NAガソリンと同ターボを搭載するはず。駆動方式はFFと4WD、トランスミッションは新開発のCVTとの組み合わせとなる。

 安全対策は新型タント同様に次世代スマートアシストを標準装備する。今秋開催の第46回東京モーターショーには市販バージョンが参考出品され、直後からティザーキャンペーンをスタートさせる見通しである。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 9:30
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事