ここから本文です

梅沢富美男、ホテルでジャイアント馬場に遭遇して凍りつく

7/21(日) 6:00配信

SmartFLASH

 タレントの梅沢富美男が、7月18日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)に出演した。

 番組では、出演者が経験したホテルでのトラブルの話題に。ある日、宿泊したホテルの朝食バイキングを利用した梅沢は、「朝食が10時までで9時に行った。そのときにもうおかずがないのよ」と憤る。

 その後も10人ぐらい入ってきたというが、食べ物が補充される気配もなかったという。梅沢はそのときの様子を「食い散らかしたおかずみたいになってた」と説明する。

 この状況に我慢ならなかった梅沢は、ホテルに対して「お前いい加減にしろよ。8時にきた人も1500円だったら、9時にきた人も1500円だぞ。同じ金を払っている。(同じ)サービスができないんだったら朝食やめろよって怒った」という。

 大昔にはこんな珍しいトラブルも。

 劇団員たちと大阪のホテルに泊まった梅沢。通常、着いたらすぐに団員に鍵を取りに行かせ、そのまま夕食に行くらしい。食事を終えて自分の部屋を開けようとすると、なぜか内側からチェーンがかかっており入れなかったという。

「それでカチャカチャやっていたら浴衣の人が暗闇からすーっと出てきて。ドアの開いてるところから『誰だ』って出てきたのが、ジャイアント馬場さんだった。薄明かりの中で馬場さんの顔があるわけだから、怖かった。顔を見た瞬間に(背を向けて)壁にへばりついたね」

 当然すぐにフロントへ怒鳴りこみに行った梅沢だが……。

「『俺は役者で、向こうはプロレスラーだぞ。体見りゃわかるだろ』と言ったら、『梅沢さん御一行をみたらプロレスラーみたいだったから』って(笑)」

 当時の梅沢にとっては恐怖体験だったかもしれないが、いまとなっては貴重な笑い話と言えるだろう。

最終更新:7/21(日) 11:59
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい