ここから本文です

【RISE】志朗が決勝は那須川天心vsルンキットとの予想を「覆したい」、梅野源治はチャンヒョン・リーと「テクニック差はさらに開いている」

7/21(日) 6:30配信

ゴング格闘技

2019年7月21日(日)エディオンアリーナ大阪・第1競技場『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019』の前日計量&記者会見が、20日(土)大阪府内で13:00より行われた。

【写真】-61kg世界トーナメント準決勝を争う4人

 セミファイナルの「RISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament準決勝」3分3R延長1Rで対戦する、前ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者ルンキット・ウォーサンプラパイ(タイ)は57.65kg、
ISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム)はリミットちょうどの58.00kgで計量をパス。

 その後の会見でルンキットは、「私は戦う準備は出来ています。しっかり勝つ自信もあります。相手がどんなことをしてこようが、自分の技で必ず勝ちます。見ても特に思うことはありません。油断しなければ特に問題はないと思います」と、余裕しゃくしゃくのコメント。

 志朗は「前回の3月の試合から約4カ月間、ルンキット対策で練習量も練習内容も完ぺきというくらい練習してきたので明日を楽しみにしていてください。ルンキットの印象は上手さだけ。その上手さをどう崩していくかがカギだと思うので、明日を楽しみにしていてください」と、こちらも自信をのぞかせた。

「今回タイにも行って、3週間くらいタイの現役チャンピオンやランカーとサウスポーでスパーリングをやって。その後2カ月間、蔵王で合宿して。RISEルールは今回で3回目ですが、今回が一番ルールに合った練習方法をやっと見つけられた感じがありますし、減量もうまくいっているので、明日はいい動きができると思います」と、元々はムエタイを主戦場にしている志朗だがRISEルールにアジャストしてきたようだ。

 そして「58kgは日本人が2人だけなので。半分以上の人が、天心君が準決勝でスアキムとやって、決勝でルンキットとやるのを予想している人が多いと思いますが、その予想を覆したい気持ちが凄くあるので、決勝は日本人対決をやりたいですね」と、決勝では那須川天心と戦いたいと話す。

 また、「会場も大きいので大阪のファンの方に名前を覚えてもらいたいですし、自分は挑戦し続けているので、自分の試合を見て元気を与えるじゃないですけれど、そういう試合をしたいと思うので楽しみしてください」と大阪のファンへメッセージを送った。

チャンヒョン・リー(韓国/RAON/RISEスーパーフェザー級王者)=61.00kg

「明日はとてもアグレッシブな試合をしたいと思います。ファイナルに僕が出ます。梅野選手とは何回も試合をしているのでよく知っています。私が皆さんに言わなくても彼のことはよく知っているので、何を言わないで試合に勝って証明したいです。そしてファイナルに出ます」

梅野源治(PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)=60.95kg

「チャンヒョンとは1回目が2012年の12月にK-1 GLOBALのリングで戦っていて、その時はパンチでダウンを奪われて僅差で判定負け。そしてその約5か月後に、RISEの伊藤代表にお願いしてリベンジマッチをしたいと。そして2013年の3月にもう一度試合をして圧勝しました。その後に彼が控室へ来て、言った言葉は『これからあなたはムエタイのリングに戻ると思うけれど、最後は必ずムエタイの王者になって欲しい。僕はもっと練習して最終的にはRISEのリングで必ず王者になります』と約束しました。

 それから約6年の月日が経って、僕はラジャダムナンスタジアムのチャンピオンになった、彼はRISEのリングで王者になりました。そうやって有言実行した2人の男がさらなる夢を追って今回3度目をRISEのリングで戦う。この試合が面白くないわけがない。チャンヒョンがどうやって僕に向かって来るかは僕には全部分かるので、ファンの方たちには明日、リングで僕と彼の試合を楽しみに期待して見ていただければと思います。

 テクニックが全然違うと思っているので。前回も触れさせずに勝っていますし、基本的に彼はパワーが凄くついたと思いますけれど、6年前に試合をした時以上にテクニック差はさらに開いていると思うので、パンチでも蹴りでも全てで圧倒できるかな、と。今日見た感じでは見た目的に優っているな、と。僕がいじめっ子で彼がいじめられっ子のようだなって(笑)。そこが一番差があるところかなと思いました」

セクサン・オー・クワンムアン(タイ/ソーソムマイジム/ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者、2015年ラジャダムナンスタジアムMVP)=60.55kg

「明日の試合は必ず最高の試合をしたいと思っています。相手は危険な武器を持っているので気を付けて戦いたいと思います。パンチとローキックが私の武器なので、しっかりその武器を使って盛り上がる試合をしたいと思っています

白鳥大珠(日本/TEAM TEPPEN/第5代RISEライト級王者)=61.00kg

「無事計量も終わってここまでバッチリ仕上げてきました。ここ最近の試合に関してですが、自分自身納得のいく戦いが出来なくて、迷いだったりいろいろな考えあった中でそうなってしまったんですけれど、今は吹っ切れていて。最初はセクサン選手をどう攻略していいか分からなかったんですが、ここまでやってきたことに自信を持っていて。明日は必ず倒せると自信を持って言えます。

 セクサン選手は現役のチャンピオンだし、世界の本物の強い選手だと思うんですが、それを倒して自分が本物の選手になり上がろうと思います。明日見てもらえれば分かると思います。今日改めて向かい合ってみて、思っていたより小さいなと感じましたね。正直なところを言えば多分なめられていると思いますけれど、明日はセクサン選手をビックリさせてやろうかなと思っています。体格差を活かして戦えれば絶対に勝てると思う」

最終更新:7/21(日) 6:30
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事