ここから本文です

なぜ安倍政権を倒すことができないのか

7/21(日) 20:28配信

ニューズウィーク日本版

まともな野党ほど不利

この結果、野党は安倍政権を上回るポピュリズムを提案しないと野党的に戦えないのだが、そうなると、まともな人々は、安倍政権もひどいが野党はもっとひどい、ということになり、選挙に政権側は負けなくなる。極端な批判層、いわゆる批判のための批判しかしない左翼は多少票を伸ばすかもしれないが、まともな野党ほど議席を失う。今回議席を減らす野党はおおむねまともで、増やす党はもっともひどい非現実的な党だ、ということになるが、自民党は議席を減らす見込みといわれているから、やはり自民党は相対的にはまともなのだろう。

ということで、投票に行くのも馬鹿馬鹿しいが、馬鹿馬鹿しくてもいかざるを得ず、しかし、行ったとしても、そしてどこに投票したとしても、そして選挙結果がどうなろうとも(つまり野党が勝とうが負けようが)、良い政策が実現される見込みはないのである。

*この記事は「小幡績PhDの行動ファイナンス投資日記」からの転載です

小幡 績

2/2ページ

最終更新:7/22(月) 19:21
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

ニューズウィーク日本版の前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事