ここから本文です

「Echo Show 5」はコンパクトだが、それがいいとも限らない

7/21(日) 12:11配信

WIRED.jp

アマゾンのスマートディスプレイの新製品「Echo Show 5」には、手ごわい競争相手がいる。個人的な話だが、この6カ月ほど同じようなスマートディスプレイ「Google Home Hub」を使っているのだ。最近になって「Google Nest Hub」という名称に変わった製品だが、すでに寝室のサイドテーブルに置かれている。

「Echo Show」は、アマゾンが描くテレビの未来像を示している

正当な理由があるとはいえ、いまやGoogle Nest HubのAIアシスタントはわたしのことを知り尽くしている。お気に入りの写真は自動的に7インチディスプレイに表示される。アラームを設定すると、きちんと眠れるように完全に照明を消してくれる。明け方になって「目を覚ます時間です」とアラームが鳴ると、あとは「グーグル、ストップ」とつぶやくだけでいい。そうすればアラームは止まるのだ。

アマゾンのEcho Show 5(90ドル、日本では9,980円)も音声制御できるスマートディスプレイだが、寝室のサイドテーブルにあるGoogle Nest Hubほど直感的ではない。だが、オフィスやリヴィングルーム、キッチンのカウンターでなら十分に使える。音声アシスタントの「Alexa」に対応した製品のひとつで、人々の生活に浸透していこうというアマゾン戦略の一環である。そして、以前のAlexa製品にあったプライヴァシーの問題を、ほんの少しとはいえ改善したようだ。

Echo Showの小型版

アマゾンが2017年に発表した「Echo Show」は、Alexaに指示したことをディスプレイに表示できるガジェットだ。狭いキッチンでスマートスピーカーにAlexaのコマンドを叫んでタイマーをセットしたり、音楽をかけたり、ニュースを再生したりするだけではない。ユーザーのリクエストに関連する情報を「カード」として表示してくれるのだ。それに音声制御がうまくいかなくても、タッチスクリーンをタップしたりスワイプしたりすればいい。

Echo Show 5は大型のEcho Showの、かわいい弟分とでも呼ぶべき小型ディスプレイ版だ。製品名の「5」は第5世代という意味ではなく、5.5インチのタッチスクリーンディスプレイが付いているからだ。第1世代のEcho Showには7インチのディスプレイが付いていた。

率直に言って、個人的にはカウンターにどっしりと構えたこの第1世代のスマートディスプレイの熱烈なファンだった。第2世代のEcho Showには10インチのディスプレイが採用されている。Echo Show 5はシリーズを締めくくる製品となる。

Echo Show 5は、競合する製品よりも安い。Google Nest Hubよりも安いのだ。アマゾンのもうひとつの小型スマートディスプレイである「Echo Spot」(日本では14,980円)よりも安い。とはいえ、Google アシスタント対応のレノボ「Smart Clock」は、Echo Show 5より安く、わずか80ドル(日本では9,829円)だ。

Echo Show 5の背面は、レノボのSmart Clockと同じように布が貼られている。アマゾンのほうはレノボよりも外見がずっと洗練されている。内蔵されているスピーカーは1台。要するにAlexa用としても、バックグラウンドのスピーカーとしても十分には使えるということだ。

1/3ページ

最終更新:7/21(日) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事