ここから本文です

高騰する移籍市場。過去5年で驚異の売却益1081億円を叩き出したクラブはいったいどこ?

7/21(日) 6:31配信

SOCCER DIGEST Web

移籍金が上がり続けるサッカー界

 2年前にネイマールが史上最高額となる2億2200万ユーロ(約277億5000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍したのを筆頭に、近年のマーケットが高騰の一途を辿っている。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 今夏もエデン・アザール(チェルシー→レアル・マドリー)やジョアン・フェリックス(ベンフィカ→アトレティコ・マドリー)、アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ→バルセロナ)、マタイス・デ・リフト(アヤックス→ユベントス)など、数々のビッグディールが成立している。

 そうした状況を受け、イタリア衛星放送『Sky Sport』は7月19日に過去5年の売却額ランキングを紹介。世界の詳細な移籍情報を発信している『Transfermarkt』を参照したデータは以下の通りとなった。

1位 モナコ(フランス)
売却額8億6497万ユーロ(約1081億2000万円)
支出額5億561万ユーロ(約632億円)

2位 アトレティコ・マドリー(スペイン)
売却額7億5280万ユーロ(約941億円)
支出額8億7156万ユーロ(約1089億5000万円)

3位 チェルシー(イングランド)
売却額7億3209万ユーロ(約915億1000万円)
支出額8億7650万ユーロ(約1095億6000万円)

4位 ベンフィカ(ポルトガル)
売却額7億633万ユーロ(約882億9000万円)
支出額1億8008万ユーロ(約225億1000万円)

5位 ユベントス(イタリア)
売却額6億5044万ユーロ(約813億1000万円)
支出額9億8197万ユーロ(約1227億5000万円)

6位 バルセロナ(スペイン)
売却額6億2685万ユーロ(約783億6000万円)
支出額10億8000万ユーロ(約1350億円)

7位 ローマ(イタリア)
売却額6億1504万ユーロ(約768億8000万円)
支出額5億8824万ユーロ(約735億3000万円)

8位 ドルトムント(ドイツ)
売却額5億7420万ユーロ(約717億8000万円)
支出額5億3414万ユーロ(約667億7000万円)

9位 レアル・マドリー(スペイン)
売却額5億4345万ユーロ(約679億3000万円)
支出額7億5475万ユーロ(約943億4000万円)

10位 リバプール(イングランド)
売却額5億3500万ユーロ(約668億8000万円)
支出額7億1471万ユーロ(約893億4000万円)

 マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバやロメル・ルカク、パリ・サンジェルマンのネイマールなど、今夏にその去就が騒がれているビッグネームはまだまだ多い。2019-20シーズンの開幕までに、このランキングの上位が変動することもありうるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/21(日) 6:31
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事