ここから本文です

つっぱり棒を使って玄関をすっきり&センスよく見せる!

7/21(日) 21:12配信

ESSE-online

家族の靴やお出かけグッズなど、雑多なものであふれ返ってしまう玄関スペース。来客があったらいちばん最初に見られてしまう場所なだけに、すっきりかつセンスよく見せたいですよね。
限られたスペースをどのようにしたらいいのか…そんなときは、つっぱり棒です。
整理収納アドバイザーでもあり、つっぱり棒に精通している竹内香予子さんのご自宅を例に、数々のアイデアをお見せします。

家の顔である玄関を、つっぱり棒を駆使してすっきり&おしゃれに見せる

玄関スペースをすてきに整えるコツは、見せたくないものを目隠しして、見せ場となるコーナーをバランスよく配置すること。
靴箱の内部は、つっぱり棒を使って収納スペースをフル活用するのもポイントです。

●つっぱり棒に収納グッズをつけてアレンジ

玄関横に設けたディスプレーコーナーには、マットな質感の黒のつっぱり棒をセレクト。
「床の間のように見せる空間にしたかったので、アイアンのシックな雰囲気がハマりました。フックや棚をつけて小物を飾っています」

黒いつっぱり棒を、別売りのフックでアレンジ。帽子を飾りながら収納しています。

こちらは棚タイプの付属品でアレンジ。小物を置いたり、かけたり、飾る収納を楽しんでいます。

つっぱり棒の素材は鉄製も多く、マグネットがくっつくのでカードなども飾れます。

●扉のない収納スペースは布をつり下げて目隠し

中のものが丸見えだった玄関脇の収納棚は、上につっぱり棒を渡してのれんをプラス。
「軽い布なので、バネ式で問題なし。玄関は黒のつっぱり棒で統一感を出しました」

●1段の棚を2段にして靴を倍量収納

ぺたんこの靴は棚の上部があきがち。そこに余っていたつっぱり棒を3本渡して、もう1段追加。

「男性用など重い靴をのせるなら、ジャッキ式のつっぱり棚がおすすめです」

●長靴やブーツをつるして型崩れを防止

げた箱の下段につっぱり棚で収納をプラス。
「つっぱり棚はしっかりと耐荷重があるので、上は靴のお手入れグッズ、下は重い長靴やブーツと、上下でしまえるのが魅力なんです」

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 21:12
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年8月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい