ここから本文です

日産はパイクカー(Be-1やフィガロ)をなぜ復刻させないのか

7/21(日) 20:06配信

ベストカーWeb

 1980年代後半に、一世を風靡したジャンルがあった。既存の市販車をベースにしながらデザインに特徴をもたせたモデルで、「パイクカー」と呼ばれた。その先鞭をつけたのは1987年に初代マーチをベースにして発売された日産Be-1。日産はその後、パオ、エスカルゴ、フィガロ、ラシーンと同じテイストのモデルを連発し、それぞれ大きな話題を巻き起こして、ヒット車となっている。

 日産はこのシリーズを、なぜ再び立ち上げようとしないのか。以下、元メーカーのエンジニアである吉川賢一氏が解説する。
文:吉川賢一 写真:日産自動車

■日産は、なぜパイクカーを復刻させないのか?

 日産が昔のような「パイクカー」を出さない一番の理由は、「現代では儲かるビジネスプランが見いだせない」、これに尽きるだろう。

 Be-1やフィガロが出た1980年代後半は、今よりも遥かに安全基準が緩やかで、ボディの内外装も自由度が高かった。レトロ調でシンプルなデザインの内装には、現在では必須のエアバッグなどは装着されておらず、外装も、側面衝突や前面衝突の基準が低かったために、ドアやボディは薄く作られていたりと、今の安全水準を満たしていては到底つくることができないクルマだ。

 また同時に、この頃はバブル景気の真っ只中で、日産の新車開発にかける予算が十分にとれていたこともパイクカーの様な「チャレンジ」ができた理由だと考えられる。

 残念ながら、仮に、フィガロやBe-1といったパイクカーを「現代版」として復活させたところで、当時のバブル経済のような追い風が無ければ、大ヒットはないだろう。

 また、たとえ日本国内市場で再びヒットしたとしても、世界的に「バカ売れ」するような事態にならなければ、日産の収益が急激に回復するわけではないだろうし、もっというと、「そうしたチャレンジをする余裕もない」というのが実情だろう。

■パイクカーとはそもそもどんなクルマなのか?

 そもそも「パイク:pike」とは、「槍(やり)」とか「突き抜けた」が語源である。つまり「パイクカー」は、「どこか長所をとがらせたクルマ」といった意味合いだ。決して日産の秘密兵器的な名称ではなく、「コンセプト」なので、他メーカーにも「パイクカー」は存在する。その代表例が「光岡自動車」だ。

 ノスタルジックなエクステリアに豪華な内装を備えた光岡自動車は、ファンが多くいるメーカーだ。光岡自動車のクルマは、他メーカーの現行車に、独自のデザイン(大半はレトロ調)でエクステリアを主に加飾し、インテリアのベースは標準車のままで、オプション選択として内装を改装する販売方法をとっている。ビュート、ロックスター等、大半がこの方式だ。内装オプションを全て付けると、100万円近くのオプション費用が掛かる場合もある。それでも一定の需要があるからこそ光岡自動車の商売は成り立っている。

 2018年11月に200台限定で発売された「ミツオカ・ロックスター」は、500万円近くの価格であったが大いに話題となり、2019年2月1日時点で完売した。「濃いファンに向けて、商品を的確に提供すれば売れる」といった、現代版「パイクカー」の成功事例だろう。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 20:06
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事