ここから本文です

【海外ボクシング】“レジェンド”パッキャオが勝利! 無敗サーマンに2-1判定で初黒星つける

7/21(日) 20:02配信

ベースボール・マガジン社WEB

 7月20日(日本時間21日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデンで、WBA統一世界ウェルター級タイトルマッチが行われ、レギュラーチャンピオンのマニー・パッキャオ(フィリピン)がスーパーチャンピオンのキース・サーマン(アメリカ)を2-1の判定で破り、王座統一に成功。採点は115対112、115対112、113対114だった。そのアンダーカードでは、IBF世界スーパーミドル級チャンピオン、カレブ・プラント(アメリカ)が挑戦者マイク・リー(同)を3度倒し、3回1分29秒でTKO。初防衛に成功した。また、日本で悪名高い元WBC世界バンタム級チャンピオン、ルイス・ネリ(メキシコ)が元WBA同級王者ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を9回1分43秒でKOしている。

【この記事の写真】MGMグランドガーデンで行われたWBA統一世界ウェルター級タイトルマッチ

 完売14356人(主催発表)の観衆が熱狂した。「40歳になっても無敗のチャンピオンに勝てることを証明したい」と、試合発表から並々ならぬ意欲をみせていた世界6階級制覇者パッキャオは、その言葉のとおりに開始からトップギアでサーマンに迫る。サウスポースタンスからの右ロングフックで仕掛けると、それだけで会場は「マニー」「マニー」の大合唱だ。初回終盤には出てきたサーマンを左、右フックでノックダウンし、いきなりボルテージは最高潮。数々の奇跡を起こしてきた勇敢なヒーローの全盛期を思い起こさせた。

 9年ぶりのKO勝利でルーカス・マティセ(アルゼンチン)からWBAウェルター級王座を奪ってからちょうど1年。今年1月に元世界4階級制覇者エイドリアン・ブローナー(アメリカ)に明白な判定勝ちし、今回、それ以上の難敵サーマンを迎えて、パッキャオは最高の仕上がりで臨んでいることがうかがえる。一方のサーマンも意欲満々。右ひじ負傷による22ヵ月のブランク、復帰戦での被弾などで不安定感がはりついている無敗のスーパーチャンピオンにとって、レジェンドと対戦する今回は、活況のウェルター級において存在感をあらためて示す大チャンスだ。早々にダウンを喫したものの、キレのある動きで圧力をかけるサーマンは、緊迫の攻防のなかで徐々に持ち前の巧さ、当て勘のよさを発揮する。3発、4発とコンビネーションを重ねるパッキャオの打ち終わりを狙い、6回には右ストレートで伝説の男を下がらせた。

 それから流れはサーマンに傾いた。しかし40歳の“生きる伝説”は、その流れにも見事に抗ってみせる。10回。左ボディブローで体が折れたサーマンを見てパッキャオが猛攻に出る。11回はサーマンが右ヒットでおさえ、パッキャオは最終回を抑えて終了を迎えた。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 20:02
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事