ここから本文です

塗装は傷むしムリに拭けばキズに! クルマに鳥のフンが付着した際の除去方法とは

7/21(日) 18:01配信

WEB CARTOP

酸性ゆえに塗装が傷む可能性が大きい

 駐車しておいたら、塗装に鳥フンがボトボトと落っこちていて、大ショック。気分が悪いけど、手で触るわけにはいかないし、困ることもあるだろう。ちなみに鳥フンは気分的に悪いだけでなく、実際は尿成分が多く酸性なので塗装にダメージを与えるため、かなりのやっかいものなのだ。最悪、シミになって落とすことができなくなってしまう。

【写真】クルマへのダメージがないように鳥フンを取り除く方法

 ちなみに鳥がフンをしたくなる色はなにかという研究があって、それによると赤いものにしたくなるらしいが、確固たる理由はないようだし、実際には色を見て落としているとは思えない。

 肝心の落とし方だが、乾いていないときは物理的には落としやすいが、注意したいのは木の実などを食べているので、中に異物が含まれていることがあること。だからむやみにこするとキズが付いてしまうのだ。見つけた際は水をかけて洗い流すのが基本。柔らかければペットボトルの水程度の量でも簡単に流れ落ちていくはずだ。

乾燥している場合はムリに拭き取るとキズになる可能性も

 問題は乾燥してしまっているときで、洗車ができれば水をかけていればふやけて流れ落ちていくが、洗車できない場合は少量でいいので水をかけて放置。柔らかくなったところで上記のように水で流す。では水がない場合はどうするか? ウエットティッシュをかぶせて少し置いてふやかし、そのまま取り除くのがベスト。この際は強くこすらないで、優しく取り除いてやる。

 同じようなことは虫の死骸にも言え、見つけたら速やかに取り除くだけでなく、できるだけダメージを塗装に与えないように取ってやるのがポイント。なにも考えずにティッシュでザッと取り除くと、塗装のツヤがなくなり、拭き跡が残ってしまうこともあるからくれぐれも油断しないようにしてほしい。

近藤暁史

最終更新:7/21(日) 18:01
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい