ここから本文です

仮想通貨「Libra」を生んだフェイスブックの大志と野望

7/21(日) 15:11配信

WIRED.jp

フェイスブックが発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」。なぜフェイスブックは独自の“通貨”をつくるのか。あえて自社が完全にコントロールできない運営団体を設立した理由は何か。パートナーや競合たちの思惑は。そして、フェイスブックは各所から向けられる疑いの目を晴らせるのか──。フェイスブックの大志と野望を、さまざまな視点と関係者への取材から読み解く。

鍵は「フェイスブックとリブラを切り離すこと」

2017年も終わるころ、ドミニカ共和国のビーチで家族と休暇を過ごしていたフェイスブック幹部のデイヴィッド・マーカスは、ペイパルの代表だった時代から考えていた問題に頭を悩ませていた。

どうすれば「お金のインターネット化(Internet of Money=IoM)」を実現できるのか? 

摩擦のないグローバルなデジタル通貨があれば、携帯電話をもっていても銀行を利用できない多くの人々にとっての恩恵になるはずだ。それを構築するうえで、世界中へのリーチと巨大なユーザーベースをもつフェイスブック以上の適任がいるだろうか。

当時「Messenger」アプリの責任者を務めていたマーカスは、答えを見つけた気がしたという。彼はボスに、フェイスブックの仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)について話し合うべきときがきたとメールを送った。自分には実現に向けた明確なヴィジョンがあり、それはフェイスブックに懐疑的な人からも信頼してもらえるものだ、と。マーカスはその後、数日かけてアイデア出しをした。

100人以上が取り組んだふたつの難題

最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグは、即座にマーカスの計画を支持した。

ザッカーバーグは自前の通貨をかなり前から考えていたし(「Facebook Credits」を覚えているだろうか?)、「次の20億人へのサーヴィス提供」というおなじみのテーマのもと、発展途上国の消費者をエンパワーする方法も探ってきた(ブロードバンドの代わりにデジタル通貨を普及させようとするinternet.orgのようなものと考えてくれればいい)。さらに、競合のアップルや「WeChat(微信)」、グーグルなどは国際金融に参入している。

こうしてフェイスブックは、マーカスが「ビットコイン以来で最も野心的」と呼ぶ仮想通貨の開発に取りかかった。マーカスは数カ月後にMessengerを離れ、特別なバッジがないと出入りできない本社内の一角に、フェイスブック選り抜きのエンジニアたちを集めた。彼はさらに優秀な経済学者や政策立案者も雇用し、最終的に総勢100人以上のチームがブロックチェーン技術を利用したグローバル通貨の開発に取り組むことになった。

チームが取り組んだ課題はふたつだ。ひとつは、銀行のサーヴィスを受けられない人々が利用できるものを開発すること。もうひとつは、フェイスブックが開発したという事実があっても、なお人々が納得して利用してくれるものにすることだ。

1/2ページ

最終更新:7/21(日) 15:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事