ここから本文です

転職希望者に聞く「新卒に戻れたら就きたい職業」ランキングTOP5

7/21(日) 18:31配信

@DIME

近年、多くの新卒が転職を前提に就活をしているというデータもあり、ひとつの企業で働き続けることが当たり前とされていた従来の考え方は確実に変わりつつある。

そこでワークポートは、全国の転職希望者を対象に「もし、今新卒に戻れたらどんな職業に就きたいか」を調査した。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

転職希望者に聞いた「新卒に戻れたら就きたい職業」


新卒当時とは違う職業に就きたいと答えた221人を対象に、具体的にどんな職業に就きたいのか聞いたところ、一番多かったのは18.6%でクリエイター、次に多かったのは17.6%でシステムエンジニアとなった。それぞれの職種を選んだ理由では共通して、「手に職がほしかった」「自分で作ったものを残したい」といった意見が見られる。

3番目に多かった管理(経理・財務・人事・広報)を選んだ理由では、仕事内容の専門性の高さから「転職に有利」といった意見が目立つ。「転職に有利」といった意見はクリエイターやシステムエンジニアを選んだ理由でも見られたため、多くの人が新卒に戻れたら「転職に有利な、専門性の高い職業に就いて手に職をつけたい」と考えているようだ。

それに伴い、新卒でも転職ありきで企業を選ぶという概念がだんだんと常識になりつつあることがわかる結果となった。

もし新卒に戻れるとしたらどんな職業に就きたいか質問をした際、「当時と同じ職業」と答えた人が16.0%いた。当時と同じ職業に就きたいとする人の理由は、「その職種が自分に向いている」といった理由と、キャリアチェンジした結果「今(現職)より昔(前職)の方が良かった」と後悔している理由に大きく分かれている。

新卒当時と同じ職業に就きたいと答える人の理由には、これまでキャリアチェンジをした経験の有無が大きく影響するようだ。また、当時と同じ職業に就きたいと答えた人のうち60.0%が、現在も新卒当時と同じ職業に従事していた。

調査概要
調査内容 :新卒に戻れたら就きたい職業について
調査対象者:当社利用者
有効回答 :263人
調査期間 :2019年4月3日~4月10日

関連情報/https://www.workport.co.jp/trademark/
構成/ino

@DIME

最終更新:7/21(日) 18:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年9月・10月合併号
7月16日発売

定価980円

夏の新製品辛口評価テスト
絶対に喜ばれる最強の手みやげ80選
ボディーメンテナンス11の処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事