ここから本文です

【K-1 KRUSH】菅原美優がチャン・リーとの接戦を制し、“日本格闘技史上最高峰の美女対決”に勝利

7/21(日) 18:51配信

ゴング格闘技

K-1 KRUSH FIGHT.103
2019年7月21日(日)東京・後楽園ホール

【写真】勝って笑顔でトロフィーを抱きしめる菅原

▼プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級 2分3R
×チャン・リー(ROCK ON)
判定0-2 ※29-29、29-30、28-30
〇菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

 今大会を生中継するAbemaTVはこの試合を“日本格闘技史上最高峰の美女対決”と銘打っており、オープニングの試合ながら高い注目を浴びた。

 チャン・リー(本名・永田恵梨子)は2018年9月の『KHAOS.6』でK-1 JAPAN GROUPの大会に初参戦。テキサス・アユミを延長戦の末に下して勝利を収めている。“戦う幼稚園の先生”だったが、今年3月に6年間務めていた幼稚園を辞めて格闘技一本の生活にしたという。

 対する菅原は第5回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-50kg優勝、第6回&第7回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-45kg優勝などの実績を残し、今年1月にプロデビュー。白星デビューを飾ったが、2戦目でKO負けを喫して今回が再起戦となる。

 両者ホールディングで警告を受けるなど密着しての接近戦が続いたが、プッシュしながらヒザ蹴りと右のパンチをより多く当てた菅原に軍配があがった。

最終更新:7/21(日) 18:51
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事