ここから本文です

【K-1 KRUSH】卜部功也が衝撃の秒殺KO負け、対抗戦は4勝3敗で中国チームが勝利

7/21(日) 22:10配信

ゴング格闘技

K-1 KRUSH FIGHT.103
2019年7月21日(日)東京・後楽園ホール

【写真】もんどりうってダウンする卜部、まさかこんな光景が

▼第9試合 日本vs中国・7対7全面対抗戦・大将戦 K-1 KRUSH FIGHTライト級 3分3R・延長1R
×卜部功也(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
KO 1R 55秒
〇ジュー・シュアイ(中国/遼寧創新ジム/CFP)
※対抗戦は4勝3敗で中国チームが勝利。

 卜部は2009年3月にプロデビューし、K-1 WORLD MAX 2011 -63kg Japanトーナメントで準優勝。2015年1月にはトーナメントを制覇してK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級初代王座を獲得。2016年にはK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント優勝、2018年3月にはK-1 WORLD GPライト級王座を奪取して2階級制覇を達成した。

 高度なディフェンステクニックとカウンターテクニックを持ち、国内外の名だたる強豪を次々と撃破。長くトップに君臨していたが、2019年3月に後輩でもある林健太に敗れ、ライト級王座を奪われた。今回が再起戦。KRUSHと武林風の対抗戦は過去2回とも功也の兄である卜部弘嵩が大将を務めてきた。今回は代わって功也が務める。

 当初、卜部はジェン・ジュンフェンとの対戦が決まっていたが、ジュンフェンが練習中に眼科内側壁骨折及び鼻骨を陥没骨折。医師の診断の結果、ドクターストップとなったため、23歳で16勝(3KO)7敗の戦績を持つシュアイが代打出場することになった。シュアイは欧米人選手との対戦経験も多いファイターだという。

 1R、サウスポーの卜部が左ストレート、左ミドル、左ローと左の攻撃で序盤から主導権を握る。しかし、シュアイが前へ出たところで右フックを出そうとした卜部にシュアイの右ストレートがカウンター気味に炸裂。卜部はダウンを喫する。立ち上がるもレフェリーがストップをかけ、卜部の再起戦はわずか55秒、KO負けという結果になった。

 生中継の解説を務めていた兄の卜部弘嵩は「一度引退を覚悟したから、もう辞め時かもしれない。引退してもいいかも。気持ちがファイターじゃないです。ダメだよ、ここで負けちゃ」と厳しい言葉を残した。この結果により、日本vs中国7対7は4勝3敗で中国チームの勝利となった。

最終更新:7/22(月) 2:12
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事