ここから本文です

ブライトカラーで即あか抜け! きれい色×Tシャツスタイル【おしゃれプロはTシャツに何合わせてる?】

7/21(日) 20:51配信

集英社ハピプラニュース

落ち着いた着こなしが主流の中、ブライトカラーや印象的なプリントを一点投入するだけで、着こなしがぐっとあかぬける! “きれい色”を上手にとりいれたおしゃれマスターたちのコーディネートを大公開。

【写真】大人の体型もカバー! きれい見えTシャツはこちら

ネイビーとサックスブルー。同系色の明快さで好感度UP

【森内敏子さん(スローン PR)】
Tシャツは大人っぽくきれいめに、がマイルールの森内さん。自社の人気カラー、ネイビーのTシャツに張りのある素材のAラインスカートで品よくまとめて。「Tシャツのすそをオーバーで着る日はサイズ2ですが、フレアスカートにインしたのでサイズ3を」。1サイズ上を着ることでTシャツの立体感が引き立ち、シンプルな着こなしが今どきのムードにクラスアップ。

Tシャツ/スローン スカート・バッグ/ドゥロワー 靴/オペラ

ゆるさの中に主張を感じるプリントパンツが大活躍

【坪田あさみさん(エディター、ライター)】
夏は負担の少ないゆるっとした着こなしが一番、という坪田さん。「シルクパンツは涼しくて締めつけ感ゼロ。東京と逗子を行き来するライフスタイルにもフィットして、しゃれ感もちょうどいいんです」。

Tシャツ/マーガレット・ハウエル パンツ/アンスクリア ピアス/トゥモローランド 右バングル/ティファニー バッグ/スタウド 靴/マルタン・マルジェラ

ナチュラルな素材だからうまくなじむピンク+オレンジ

【手塚貴美子さん(ギャルリー・ヴィー PR)】
ペールピンクのTシャツをこなれ感たっぷりに着こなす手塚さん。「ベージュのサマーコーデュロイパンツに、オレンジのカットソーを腰にひと巻き。もう1色足すときは、広い意味で仲間の色を選ぶとうまくいきます」。ピアスやバングル、足もとにマットな白を効かせるのも今年流。

Tシャツ/Vルーム パンツ・腰に巻いたカットソー/ギャルリー・ヴィー ピアス・バングル/アークオブジェクト バッグ/ベンビエン 靴/ミイスタ

撮影/目黒智子 取材・文/向井真樹
※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。

最終更新:7/21(日) 20:51
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事